MENU

1-9 CO2累積排出量と気温上昇量の関係

目次

CO2累積排出量と気温上昇量の関係

出典)IPCC第6次評価報告書

IPCC第6次評価報告書(以下AR6)では、CO2の累積排出量と気温上昇量の変化はほぼ線形関係(比例関係)にあることが記述されています。つまり、気温上昇上限から総累積排出量の上限が決まるということです。 AR6では、産業革命以降、CO2は約2兆4000億トン排出されており、工業化前からの気温上昇を1.5℃に抑える(67%以上の確率で抑える)ためには、残りの排出量上限はあと4000億 トンであることも示されました。また、気温上昇をあるレベルで止めるためには、CO2累積排出量を制限し、少なくとも正味ゼロ排出を達成し、他の温室効果ガスも大幅に削減する必要がある、としています。

ドキュメントライセンス

こちらの内容をご確認の上、ライセンスに同意するにチェックを入れるとダウンロードできます。

JCCCA Webサイトのデータの利用に際して

  • 図表・イラストについては、ダウンロードボタンをクリックしてダウンロードできる素材に限り、出典を明記すればご使用いただけます。
  • 商業目的の使用はご遠慮ください。
  • 個別のダウンロードで提供していない図表・イラスト・写真などを単独で複製・改変・無断引用するなど、著作権法に触れる行為は禁止します。

使用上の注意

(1)出典は次のように明記してください。

A 図表を使用する場合

図表内に記載されている出典及びJCCCAのウェブサイトから引用した旨を併記してください。
ただし、図表内の出典が判読できる大きさで使用される場合は、全国地球温暖化防止活動推進センターのみの表記で問題ありません。
例: 出典)温室効果ガスインベントリオフィス/
全国地球温暖化防止活動推進センターウェブサイト(https://www.jccca.org/)より

B パンフレットなどの場合
例: 出典:環境省「パンフレットの名前」

(2)加工の禁止

イラストをトリミングするなど、データの加工は行わないでください。
なお、モノクロ(1色)での使用は加工にはあたりません。

問合せ先:全国地球温暖化防止活動推進センター 広報担当宛
〒102-0074 東京都千代田区九段南3-9-12 九段ニッカナビル7階
TEL:03-6273-7785/FAX:03-3263-1010













    ●利用する素材名

    1-9 CO2累積排出量と気温上昇量の関係

    ●利用目的【必須】

    ●職業(立場)【必須】

    ●このサイトを知ったきっかけを教えてください。【必須 複数回答】

    CO2累積排出量と気温上昇量の関係ダウンロード

    目次
    閉じる