MENU

1-2 温室効果ガスの特徴

目次

温室効果ガスの特徴


温室効果ガス地球温暖化
係数(※)
性質用途、排出源
二酸化炭素(CO2)1代表的な温室効果ガス化石燃料の燃焼など。
メタン(CH4)25天然ガスの主成分で、常温で気体。よく燃える。稲作、家畜の腸内発酵、廃棄物の埋め立てなど。
一酸化二窒素(N2O)298数ある窒素酸化物の中で最も安定した物質。他の窒素酸化物(例えば二酸化窒素)などのような害はない。燃料の燃焼、工業プロセスなど。
HFCS(ハイドロフルオロカーボン類)1,430など塩素がなく、オゾン層を破壊しないフロン。強力な温室効果ガス。スプレー、エアコンや冷蔵庫などの冷媒、化学物質の製造プロセスなど。
PFCS(パーフルオロカーボン類)7,390など炭素とフッ素だけからなるフロン。強力な温室効果ガス。半導体の製造プロセスなど。
SF6(六フッ化硫黄)22,800硫黄の六フッ化物。強力な温室効果ガス。電気の絶縁体など。
NF3(三フッ化窒素)17,200窒素とフッ素からなる無機化合物。強力な温室効果ガス。半導体の製造プロセスなど。

(※)
地球温暖化係数とは、温室効果ガスそれぞれの温室効果の程度を示す値です。
ガスそれぞれの 寿命の長さが異なることから、温室効果を見積もる期間の長さによってこの係数は変化します。
ここでの数値は、京都議定書第二約束期間における値になります。

参考文献:3R・低炭素社会検定公式テキスト第2版、温室効果ガスインベントリオフィス

ドキュメントライセンス

こちらの内容をご確認の上、ライセンスに同意するにチェックを入れるとダウンロードできます。

JCCCA Webサイトのデータの利用に際して

  • 図表・イラストについては、ダウンロードボタンをクリックしてダウンロードできる素材に限り、出典を明記すればご使用いただけます。
  • 商業目的の使用はご遠慮ください。
  • 個別のダウンロードで提供していない図表・イラスト・写真などを単独で複製・改変・無断引用するなど、著作権法に触れる行為は禁止します。

使用上の注意

(1)出典は次のように明記してください。

A 図表を使用する場合

図表内に記載されている出典及びJCCCAのウェブサイトから引用した旨を併記してください。
ただし、図表内の出典が判読できる大きさで使用される場合は、全国地球温暖化防止活動推進センターのみの表記で問題ありません。
例: 出典)温室効果ガスインベントリオフィス/
全国地球温暖化防止活動推進センターウェブサイト(https://www.jccca.org/)より

B パンフレットなどの場合
例: 出典:環境省「パンフレットの名前」

(2)加工の禁止

イラストをトリミングするなど、データの加工は行わないでください。
なお、モノクロ(1色)での使用は加工にはあたりません。

問合せ先:全国地球温暖化防止活動推進センター 広報担当宛
〒102-0074 東京都千代田区九段南3-9-12 九段ニッカナビル7階
TEL:03-6273-7785/FAX:03-3263-1010













    ●利用する素材名

    1-2 温室効果ガスの特徴

    ●利用目的【必須】

    ●職業(立場)【必須】

    ●このサイトを知ったきっかけを教えてください。【必須 複数回答】

    温室効果ガスの特徴ダウンロード

    目次
    閉じる