MENU
2021/05/26

2050年排出ゼロを実現する!日本の「エネルギーシナリオ」WWFジャパン

4月22日、菅首相が「2030年温室効果ガス削減目標46%、さらに50%の高みを目指す」と表明しました。今から9年後の2030年に46%以上の削減を実現するには、今までの延長線上の取り組みでは足りないことは明白です。2020年12月、WWFジャパンは2050年に温室効果ガスゼロを実現する道筋を描いた「脱炭素社会に向けたエネルギーシナリオ」をアップデートし、「脱炭素社会に向けた2050年ゼロシナリオ」として発表しました。このシナリオではコロナ禍からの経済回復に合わせて産業構造の転換を図っていく道筋を描いており、2030年にCO2排出量49%削減を可能とする社会の絵姿を見せています。今回、そのシナリオ実現に必要となる費用を算定し、新たにコスト編を発表します。また建設、鉄鋼、再エネ業界から先進的な企業・団体をお招きし、脱炭素化に向けたビジョンや実践について、課題も含めてご紹介いただきます。

パネルディスカッションでは槌屋先生との対談で、脱炭素社会へのシナリオを、課題解決方法を示しながら読み解いていきます。46%削減には業界を超えた連携がますます重要です。

<開催概要>
◆日時:5月28日(金)13:30~16:00
◆プログラム:
司会 WWFジャパン顧問 前田智子
(1)開会挨拶:WWFジャパン 池原庸介
(2)シナリオ解説:(株)システム技術研究所 所長 槌屋治紀様 / 2030年エネルギーミックス提言: WWFジャパン 小西雅子
(3)パネルディスカッション 第1部「シナリオについて」 
ファシリテーター: WWFジャパン 田中健
パネリスト:(株)戸田建設 樋口正一郎様 /(株)東京製鐵 奈良暢明様 /(一社)日本風力発電協会 上田悦紀様
(4)パネルディスカッション 第2部「各社ビジョンについて」
ファシリテーター: WWFジャパン 小西雅子
パネリスト:(株)戸田建設 樋口正一郎様 /(株)東京製鐵 奈良暢明様 /(一社)日本風力発電協会 上田悦紀様
(5)閉会挨拶:WWFジャパン会長 末吉竹二郎

◇詳細・申し込みURL:
https://www.wwf.or.jp/event/organize/4615.html

前日の 5月27日(木)までに、上記URLより事前にお申し込みください
(参加費無料)。
ご視聴URLは、ご登録いただいたメールアドレス宛にお知らせいたします。

目次
閉じる