MENU
2021/04/11

【国立環境研究所 国民対話シンポジウム】日本の2050年脱炭素社会

推進費2-1908、1-2002、1-2003国民対話シンポジウム
日本の2050年脱炭素社会

開催概要

日時2021年3月10日(水)14:00-16:30
※機器トラブル等で配信開始が遅れる可能性がございます。あらかじめご了承ください。
場所オンライン開催(Zoom Webinarを使用予定)
※発表言語は日本語となります。
主催 国立環境研究所 社会環境システム研究センター 環境研究総合推進費2-1908、1-2002、1-2003

2020年10月に菅義偉総理大臣は所信表明において「日本は、2050年までに温室効果ガスの排出を全体としてゼロにする、すなわち2050年カーボンニュートラル、脱炭素社会の実現を目指す」と宣言しました。それまでの目標は、2050年の温室効果ガス排出量を80%削減し、21世紀後半のできるだけ早期に脱炭素社会を実現するというものでした(パリ協定に基づく成長戦略としての長期戦略)。しかしながら、2050年の温室効果ガス排出量を実質ゼロにすることは容易ではありません。本シンポジウムでは、環境研究総合推進費2-1908等で取り組んでいる日本における脱炭素社会の実現に向けた研究成果を紹介するとともに、そのほかの機関で検討されている同様の分析結果を共有することで、どのように2050年の脱炭素社会を実現すれば良いかを議論していきます。

詳細はこちらのページをごらんください
日本の2050年脱炭素社会 (nies.go.jp)

参加(無料)
お申し込みはこちらから(Googleフォームが開きます)
※申し込みは3月9日(火)正午までとなります。 当日参加も可能ですが、人数把握のため事前に申し込みいただきますようお願いいたします。

目次
閉じる