カ行

Home温暖化用語集カ行気候変動枠組条約(きこうへんどうわくぐみじょうやく)

気候変動枠組条約(きこうへんどうわくぐみじょうやく)

大気中の温室効果ガスの濃度の安定化を究極的な目的とし、地球温暖化がもたらすさまざまな悪影響を防止するための国際的な枠組みを定めた条約。1994年3月発効。温室効果ガスの排出・吸収の目録、温暖化対策の国別計画の策定等を締約国の義務とし、さらに先進締約国には、温室効果ガスの排出量を2000年に1990年レベルに戻すことを目的として政策措置をとることなどの追加的な義務を課している。

このページのトップへ