MENU
2021/05/09

菅総理大臣の米国主催気候サミットへの出席について(結果概要・外務省)

2021年4月22から23日、米国主催により気候サミット「Leaders’ Summit on Climate」がオンライン形式で開催され、22日(日本時間)の首脳級セッションに菅義偉内閣総理大臣が参加し、スピーチを行いました。

  1. 本サミットにおいて菅総理大臣は、2050年カーボンニュートラルの長期目標と整合的で、野心的な目標として、我が国が、2030年度において、温室効果ガスの2013年度から46%削減を目指すことを宣言するとともに、さらに、50%の高みに向け、挑戦を続けていく決意を表明しました。
  2. また、菅総理大臣は、経済と環境の好循環を生み出し、2030年の野心的な目標に向けて力強く成長していくため、政府として再エネなど脱炭素電源を最大限活用するとともに、企業に投資を促すための十分な刺激策を講じるとの方針を表明しました。

詳細は、以下外務省ウェブサイトをご覧ください。
https://www.mofa.go.jp/mofaj/ic/ch/page6_000548.html

目次
閉じる