タ行

Home温暖化用語集タ行土壌水分(どじょうすいぶん)

土壌水分(どじょうすいぶん)

大陸面上およびその中に蓄積され、蒸発可能な水。IPCCの第一次報告書では、単一の貯蔵体が気候モデルに使用された。植生被服(キャノピー)や土壌過程を組み込んだ第二時報告書のモデルでは、土壌水分を植物が「青枯れ」する水分量からの超過量としている。

このページのトップへ