ラ行

Home温暖化用語集ラ行六フッ化硫黄(ろくふっかいおう)

六フッ化硫黄(ろくふっかいおう)

1960年代から電気および電子機器の分野で絶縁材などとして広く使用されている化学物質で、人工的な温室効果ガス。使用料はそれほど多くないが、近年新たな用途開発の進展に伴い需要量が増加している。100年間のGWPは、二酸化炭素の23,900倍。HFCs、PFCsと共に、京都議定書で削減対象の温室効果ガスの一つに指定された。(SF6)

このページのトップへ