ナ行

Home温暖化用語集ナ行ネット方式(ねっとほうしき)

ネット方式(ねっとほうしき)

温室効果ガスの排出量算出に際し、該当する期間の総排出量から総吸収量を差し引いて計算する方式のこと。吸収量の測定に困難が伴うことが指摘されている。

このページのトップへ