地球温暖化対策推進法と取り組み

Home日本の動向日本政府の取り組み地球温暖化対策推進法と取り組み温室効果ガス排出量 算定・報告・公表制度

温室効果ガス排出量 算定・報告・公表制度

温室効果ガス排出量 算定・報告・公表制度(第21条)

地球温暖化対策推進法の改正をうけ、2006年(平成18年)4月1日から温室効果ガスを多量に排出する者(特定排出者)は、自らの温室効果ガスの排出量を算定し、国に報告することが義務付けられました。国は報告された情報を集計し、公表することとされています。

詳しくはこちら

このページのトップへ