地域のコンソーシアムによる地球温暖化防止活動(平成23年度)

山形県ペレットエコポイント事業

山形県ペレットエコポイント事業コンソーシアム

主な取組分野 バイオマス
主な取組対象 家庭
 
1. コンソーシアムで行う事業の目的と概要
【目的】
地球温暖化防止のために、化石燃料に替わる燃料として木質ペレットの利用が有効であるが、その普及のスピードは必ずしも早いものではない。一方、化石燃料依存のため森林資源の活用が進まなくなった結果、森林の荒廃やナラ枯れ等が進み、その対策が急務であるとともに、森林の吸収源対策としても、森林整備活動の推進が必要となってきている。
そこで、山形県地球温暖化防止活動推進センターでは、地域で活動するNPO等と連携し、山形県ペレットエコポイント事業を推進することを通じて、山形県の森林整備活動を推進するとともに、木質資源の地域循環を図り、温室効果ガスの排出削減に寄与することを目的としている。
【概要】
本事業は、かつて地域の人々が里山に燃料を求めることで、その整備をも担っていた地域循環を回復することをねらったモデル事業として、木質ペレットの利用者に購入費の割引ができるエコポイントを発行するとともに、ペレットストーブの購入者や間伐体験活動の参加者にもエコポイントを発行する。また、間伐体験活動で発生した間伐材はペレット原料に利用する。
なお、エコポイントは、ペレットの他に地域の農産物や環境にやさしい商品との交換等にも使用できるものとする。
2. コンソーシアム幹事団体
名称 山形県ペレットエコポイント事業コンソーシアム
代表者 松村 倭男
所属団体名・役職名
(山形県地球温暖化防止活動推進センター)
特定非営利活動法人 環境ネットやまがた 代表
URL http://eny.jp/
3.コンソーシアム構成員
団体等の名称 事業実施責任者
氏名 役職名
東北芸術工科大学 建築・環境デザイン学科 三浦 秀一 准教授
東北芸術工科大学 建築・環境デザイン学科 渡部 桂 講師
財団法人 山形県みどり推進機構 山田 寛爾 技術班長
NPO法人知音 山崎 多代里 理事長
協同組合山形ウッドエネルギー 阿部 岩蔵 理事長
さがえ西村山農業協同組合 須貝 正昭 営農経済部長
株式会社山本製作所 広田 真杉 環境事業部 部長
山形県村山総合支庁保健福祉環境部 環境課 高橋 茂 課長
寒河江市市民生活課 安彦 浩 課長
やまがた木質ペレット利用研究会 阿部 征二 事務局長
山形県地球温暖化防止活動推進員 松田 伸一  
山形県地球温暖化防止活動推進員 片桐 秀一  
山形県地球温暖化防止活動推進員 小野 幹夫  
山形県地球温暖化防止活動推進員 大沼 順二  
特定非営利活動法人 環境ネットやまがた 大場 健一 事務局長
4.事業の全体像

1. コンソーシアムの設置
・県、学識経験者、ペレット製造業者、NPO等によりコンソーシアムを設置した。
・総会を開催し、コンソーシアムを立ち上げた。
・検討会を設置し、事業内容の検討等を行った。
2. 間伐体験活動について
・間伐体験活動は、3回(1回4時間程度)行った(10/1、10/22、11/3)。
・間伐体験活動で発生した間伐材はペレット原料に利用した。
3. エコポイント(以下「EP」と記載する。)について
 ・ペレット購入:購入費用の約5%程度、1袋(10kg)で1EP、約20円の価値を持たせ、20EPで1袋のペレットと交換できるものとしている。(5%の値引きに相当)
・間伐体験活動:1回(4時間程度)の参加で60EP(約1,200円、ペレット3袋相当)発行した。
・ペレットストーブ購入者:ペレットストーブ1台(㈱山本製作所製)の購入につき、200EP(約4,000円、ペレット10袋相当)
※平成23年度は、モデル的に村山地域の家庭を対象にエコポイントを発行。
※エコポイントと交換する商品の代金に関しては、関係企業や団体の協賛金により捻出。
4. 事業の効果(J-VER制度)について
  ペレット利用で削減される二酸化炭素排出量や森林整備活動による二酸化炭素吸収量を把握する。
※国内クレジット制度かJ-VER制度、もしくは、山形県CO2森林吸収量等評価制度に申請し、取引で得られる金額を、次年度の運営費にあてる。

このページのトップへ