地域のコンソーシアムによる地球温暖化防止活動(平成23年度)

和歌山県木質バイオマス資源利活用事業

わかやまエネルギー自立化推進コンソーシアム

主な取組分野 バイオマス
主な取組対象 家庭
 
1. コンソーシアムで行う事業の目的と概要
【目的】
地域にある未利用木質バイオマス資源を、暖房等に利用する効果を検証し、県内資源の有効活用及び二酸化炭素削減に寄与することを目的とする。
【概要】
林地残材などの有効活用を模索している団体と協同し、地域住民・団体など薪加工及び運搬等安定して薪を供給できる体制を構築し、薪ストーブ設置者とつなぐ支援を行う。薪資材調達、加工、運搬、利用及び機器の性能・効用について、ワーキンググループ5名(幹事団体職員以外)を中心に、検討学習会・ワークショップ等を実施するとともに、モニターを5件設置して木質バイオマスの供給体制の見直しを行う。同時に、これまで灯油・電気等の暖房を利用している集客性の高いモデル施設に薪ストーブを導入し、燃料代替による二酸化炭素削減効果を実証する。この事業をつうじ、今後、地域の需要を拡大し木質バイオマスの地産地消推進へつなげる。
2. コンソーシアム幹事団体
名称 わかやまエネルギー自立化推進コンソーシアム
担当者 重栖 隆
所属団体名・役職名 特定非営利活動法人 わかやま環境ネットワーク
(和歌山県地球温暖化防止活動推進センター)
代表理事
URL http://wenet.info/wacca/
3.コンソーシアム構成員
団体等の名称 事業実施責任者
氏名 役職名
農事組合法人 古座川ゆず平井の里 倉岡 有美 総務・営業統括責任者
紀南地域地球温暖化対策協議会 多田 祐之 代表
紀州推進員の会 松下 靖彦 幹事
株式会社 石橋 石橋 幸四郎 代表取締役
4.事業の全体像

1. コンソーシアム総会の開催(9月、2月)
事業の計画、事業報告を行う総会を年2回、紀南地域で開催する。

2. 木質バイオマス資源利活用の効果検討を含めた学習会の開催(10~11月)
◇田辺市、古座川町において検討・学習会を2回開催する。
 古座川町会場では、ストーブのデモ機を用い、性能及び効用についての実証・検討等も行う。
 検討学習会講師
  【田辺会場】
  和大教授(未定)、㈱石橋(石橋氏)、紀南協議会(松下氏)を予定
  【古座川町会場】
  ゆず平井の里(未定)、紀南森林組合(未定)を予定

3. 木質バイオマス資源調達及び薪の調達(11~2月)
資源調達や薪加工及び運搬についてのワークショップを、古座川町で行う。地域住民・森林組合等から一定量の薪を買取り、定期的にモデル施設に配送してもらうなど、供給体制の実証実験を行う。
 ワークショップ講師、資源調達・薪加工作業指導:
 ゆず平井の里(倉岡氏)、紀南森林組合(未定)
 地域の林業家2人(未定)を作業指導者、作業スタッフ(10人)

4. 薪ストーブ導入モデル設置・モニター設定(11月)
体験交流館「ゆずの学校」(古座川町)を導入実証モデル施設に設定する。また、近隣の薪ストーブ設置者5軒をモニターに設定する。

5. 事業効果調査の実施(12月~2月)
NPOわかやま環境ネットワークがモデル施設を訪問して、薪の供給状況、薪ストーブの利用及び燃料使用実態、室温と外気温との関係等ストーブの性能及び効用等の調査(毎月1回)を行うとともに、木質バイオマス利活用及び二酸化炭素排出削減に関する意識調査を行う。モニターに対しては、供給状況及び意識調査を行う。

6. 実証実験のまとめ及び報告書の作成と配布(3月)
当実証事業の結果をとりまとめ、木質バイオマスの供給体制の見直し、利用による二酸化炭素排出削減の効用性を一般に公表する。また、結果を基に、木質バイオマス利活用に関するパンフレットを作成し(500部)、効果の周知を行う。

このページのトップへ