地域のコンソーシアムによる地球温暖化防止活動(平成23年度)

富山県宇奈月温泉街エコ化プロジェクト

宇奈月温泉街エコ化コンソーシアム

主な取組分野 省エネLED交通
主な取組対象 モデル地区、事業所
 
1. コンソーシアムで行う事業の目的と概要
【目的】
黒部市宇奈月温泉では、NPO団体が中心となり自然エネルギーを活用したカーボンオフセットのまちづくりを「山岳温泉エコリゾート」と称して取り組んできた。しかし、古いタイプの街路照明や省エネの取り組みの弱い旅館があり、CO2削減の実効性に懐疑的な町民も多いため取り組みが進まず、実効的な省エネ効果を地域に示す必要があった。そこで本事業を通して、ホテル、旅館での省エネ点検・改善提案による効果、地域住民等も参加したピコ水力発電機による街路灯の削減、温泉街に乗り入れる車両のEV化によって、二酸化炭素排出量の抑制及びエコ化によるコストの削減と山岳温泉エコリゾートのイメージ強化を推進して温泉街の活性化を図ることを目的とする。
【概要】
1) ホテル、旅館1箇所以上において、省エネ点検・改善提案を実施し、改善前と改善後のエネルギーの使用量を比較し、二酸化炭素排出削減量を把握する。
2) ホテル、旅館の温泉排水を利用した螺旋式ピコ水力発電機を20機程度、地域住民等で組立て、常夜灯などのエネルギーに利用するとともに、得られた明かりを利用し、街路灯の設置箇所数を減らし、二酸化炭素排出量の削減に取組む。
3) 温泉街を通行する車両のうち、ホテル、旅館業者が使用する送迎用車両と物品搬入車両については、EV車両をレンタルし、EV車両導入による二酸化炭素排出削減量を実証実験する。また、温泉街に乗り入れる一般車両については、交通量を測定し、化石燃料の消費量を求め、EV等への置き換えやP&Rへのコントロールによる効果を検討する。
2. コンソーシアム幹事団体
名称 宇奈月温泉街エコ化コンソーシアム
代表者 新木 富士雄
所属団体名・役職名 財団法人 とやま環境財団
(富山県地球温暖化防止活動推進センター)
理事長
URL http://www.tkz.or.jp/
3.コンソーシアム構成員
団体等の名称 事業実施責任者
氏名 役職名
財団法人 とやま環境財団
(富山県地球温暖化防止活動推進センター)
折谷 禎一 常務理事
(センター長)
とやま省エネ鑑定団 石田 敏彦 理事長
宇奈月温泉 自治振興会 魚津 成昭 会長
宇奈月温泉旅館 協同組合 中島 勝己 理事長
でんき宇奈月 プロジェクト実行委員会 大橋 聡司 実行委員長
富山県小水力 利用推進協議会 竹 克己 会長
富山県 環境技術事業協同組合 志鷹 新樹 理事長
富山高等専門学校 丁子 哲治 教授
富山国際大学 上坂 博亨 教授
4.事業の全体像

1) ホテル・旅館における削減(1箇所以上)
・これまでの電力使用量確認、電力使用量測定のための事前現地調査
・省エネマネージメントシステムを使用しての電力使用量実測(約1ヶ月)
・改善提案を頂き、提案に沿った省エネ装置の導入を促進
2) らせん式ピコ水力発電を利用した防犯灯
・大学等の支援を受け、地域住民等に対する省エネと自然エネルギーの体験学習
 (5日間。らせん式ピコ水力発電機の組み立て・設置を含む。)
3) 電気自動車導入
・交通量測定装置作製、設置
・温泉街乗り入れ一般車両交通量の測定(2回)
・レンタル電気自動車導入によるCO2削減量の実証実験
4) 事業成果報告会
・結果まとめ
・省エネの啓発に活用

このページのトップへ