地域のコンソーシアムによる地球温暖化防止活動(平成23年度)

栃木県Power savingとちぎプロジェクト

Power savingとちぎコンソーシアム

主な取組分野 省エネ節電
主な取組対象 モデル地区、家庭
 
1. コンソーシアムで行う事業の目的と概要
【目的】
栃木県地球温暖化防止活動推進センターでは、東日本大震災後、市民に対して「節電・省エネの工夫」について情報収集・発信を行ってきた。被災地の復興支援、計画停電などにより「節電・省エネ」の取組みは企業だけではなく、店舗や家庭でも積極的に実施しようとする機運が盛り上がっていることを実感した。そこで本事業は、モデル地区を設定し、これまで地球温暖化防止活動を実施してきたNPO団体等と共同で節電対策を実施することで、一過性の節電対策ではなくライフスタイルの変換へとつなげ地球温暖化防止に寄与することを目的とする。
【概要】
本事業は、地域の状況に応じた節電対策を設計し、対策の実施、効果の測定を行うモデル地区を募集し、対策・ 支援の勉強会、個別アドバイス等を実施し、チェックシートにより効果を確認するとともに、得られた効果により節電マニュアルを作成し、他地区への展開もはかる。
事業実施に当たっては、①環境意識が高い自治会をモデル地区として節電対策を呼びかけるエリア・タスク、②どの家庭にもありかつ長時間使用している冷蔵庫及びテレビ(コンテンツ)ごとに節電対策を呼びかけるコンテンツ・タスクの2本立てでモデル地区を募集・選定する。
対策メニュー、チェックシート等を作成する際は、この事業の効果についての閾値を考慮し削減行動が一過性で終わらないよう工夫していく。
2. コンソーシアム幹事団体
名称 Power savingとちぎコンソーシアム
代表者 宇賀神 貞夫
所属団体名・役職名 財団法人栃木県環境技術協会 専務理事
(栃木県地球温暖化防止活動推進センター センター長)
URL http://homepage2.nifty.com/tochikankyou/
3.コンソーシアム構成員
団体等の名称 事業実施責任者
氏名 役職名
財団法人栃木県環境技術協会
(栃木県地球温暖化防止活動推進センター)
宇賀神 貞夫 専務理事
一般財団法人関東電気保安協会 栃木事業本部 木村 健 地域サービス部 部長
特定非営利活動法人うつのみや環境行動フォーラム 塩野谷 ふじ子 事務局長
特定非営利活動法人栃木県環境カウンセラー協会 近藤 和雄 理事長
地球温暖化対策地域協議会MEAK 清水 映夫 代表
TETともにエコ続け隊 大金 美知子 代表
ストップ温暖化もおかエコの会 嘉村 皓明 代表
とちの環県民会議 省エネライフ部会 高橋 淳 部会長
宇都宮市 伊沢 敬一 環境対策課長
栃木県 金田 尊男 地球温暖化対策課長
4.事業の全体像
事業の全体像と各構成員の役割

このページのトップへ