地域のコンソーシアムによる地球温暖化防止活動(平成23年度)

埼玉県 夏の節電行動・2011

埼玉夏の節電行動・2011コンソーシアム

主な取組分野 節電
主な取組対象 家庭
 
1. コンソーシアムで行う事業の目的と概要
【目的】
未曾有の東日本大震災に起因する関東管内の夏の電力供給不足に対応した家庭の節電対策事業を実施することにより、二酸化炭素の排出削減及び今夏の電気需要の抑制を行い、もって地球温暖化対策の一層の促進に資することを目的とする。
なお、冬季の節電対策については、幹事団体(埼玉県地球温暖化防止活動推進センター(以下「埼玉県センター」という。)として指定されている特定非営利活動法人環境ネットワーク埼玉)の単独事業として実施する。
【概要】
今夏に予想される関東地方の電力供給不足への対応として、家庭等の需要者も緊急かつ迅速に行動しなければならない課題である。
よって当コンソーシアムとしては、今夏、埼玉県民をあげての節電行動を促すため、次の2事業を行う。

1 埼玉県内の家庭を対象に、県内各地で夏の節電対策の説明会を開催し、ちらしを配布する等により節電の呼びかけを行うとともに、その成果を競わせて事業効果の向上を図るとともに事業効果を把握するため「家庭の電気ダイエットコンクール」を行う。
2 埼玉県内の家庭を対象に、夏の電力需要の最大ピーク時に涼しい場所に出かけて、家庭の冷房利用を避けることをWebや紙媒体を通して呼びかけるとともに、事業効果の向上及び把握のため「彩の国クールスポット100選」を行う。
2. コンソーシアム幹事団体
名称 埼玉夏の節電行動・2011コンソーシアム
代表者 江田 元之
所属団体名・役職名 特定非営利活動法人環境ネットワーク埼玉
(埼玉県地球温暖化防止活動推進センター)
代表理事
URL http://www.kannet-sai.org/
3.コンソーシアム構成員
団体等の名称 事業実施責任者
氏名 役職名
家庭の電気ダイエットコンクール実行委員会 脇坂 純一 実行委員長
埼玉県温暖化対策課 池田 雅範 主幹
西埼玉温暖化対策ネットワーク 米澤 忠弘 会長
環境まちづくり地域協議会inにいざ 櫻 博子 会長
埼玉県地球温暖化対策西部地域協議会連絡会 荻原 洋志 会長
環境教育支援ネットワーク きづき 荻原 洋志 会長
四季の会 荻原 洋志 会長
新座市環境保全協力員の会 谷合 宜明 会長
NPO法人埼玉環境カウンセラー協会 角江 紘一 副会長
NPO法人さやま環境市民ネットワーク 児玉 靖 理事
NPO法人川口市民環境会議 浅羽 理恵 代表理事
彩の国環境大学修了生の会 新木 壽三雄 会長
エコライフDAYとだ実行委員会 川谷 勝晟 実行委員長
環境ネットワーク桶川 平間 敏明 代表
鴻巣の環境を考える会 川島 秀男 会長
みさと環境ネットワーク 村岡 隆光 会長
環境ネットワークよしかわ 島崎 允行 会長
さいたま市環境会議 野代 幸一 理事
太陽光発電所ネットワーク 埼玉地域交流会 國井 範彰 副代表世話人
NPO法人熊谷の環境を考える連絡協議会 栗原 尭 理事長
NPO法人環境ネットワーク埼玉 江田 元之 代表理事
東北大学大学院 須藤 隆一 客員教授
芝浦工業大学システム理工学部 中口 毅博 教授
さいたま市    
川口市    
戸田市    
春日部市    
北本市    
秩父市    
越谷市    
小川町    
4.事業の全体像

当コンソーシアムでは家庭の夏の電力使用量、特に最大ピーク時(午後1時~4時)の使用量を削減するため、構成メンバーのNPOが分担して、よりきめ細やかな家庭の節電手法に関する説明会等を開催するとともに、事業効果の向上、成果の把握等のため、家庭の電気ダイエットコンクール及び彩の国クールスポット100選事業を行う。

(1) 家庭の電気ダイエットコンクールは、今夏の節電の必要性を訴え、よりきめ細やかな節電手法を周知し、埼玉県における各家庭に一層の節電を呼び掛けるものである。また、同時に、事業効果を高めるとともに効果を把握するため、今年8月の電気使用量が昨年と比較してどのくらい削減されたかを競うことを通して、節電行動による二酸化炭素の削減を「見える化」する事業である。当コンソーシアムの構成メンバーのNPOが分担して、県民を対象に県内各地域で具体的な節電対策の説明会を開催し、家庭の節電を呼びかけ、各家庭での電気使用量を抑え、二酸化炭素の削減を図るもの。 なお家庭の電気ダイエットコンクールは、平成21年度及び平成22年度は、埼玉県が中心となって、実行委員会を組織化し実施してきたが(平成22年度実績約1,200世帯)、今年度はコンソーシアム事業として実施することとなったもの。対象世帯の拡大を図る。

(2) 彩の国クールスポット100選は、夏の電力需要の最大ピーク時に涼しい場所に出かけて、家庭のエアコンの電気使用量を削減することを目的とした事業である。近隣(歩いていける範囲)の水辺、山、近くの公園、公共施設等涼しく(クール)過ごせる空間・場所(スポット)等のクールスポットを広く募集・選定し、ホームページ等で効果的に周知することにより、多くの埼玉県民がクールスポットの活用を図り、夏の電力最大ピーク時における家庭のエアコンの電気使用量を抑え、二酸化炭素の排出量削減を図るもの。

このページのトップへ