地域のコンソーシアムによる地球温暖化防止活動(平成23年度)

大阪府大阪府バイオ燃料・省エネ推進事業

大阪府バイオマス燃料・省エネ推進コンソーシアム

主な取組分野 省エネバイオマス
主な取組対象 事業所
 
1. コンソーシアムで行う事業の目的と概要
【目的】
本事業は、地域で活動するNPO等との協働により、府民の森等の大阪府周辺に位置する山間部の森林から発生する間伐材の有効活用を図るため、原木供給の仕組みをつくり、化石燃料の代替となるバイオマス燃料の普及を図る。また、中小企業において省エネ診断を実施し、省エネ機器を導入すること等により、CO2の排出削減を図る。
【概要】
1. バイオマス燃料利用によるCO2の排出抑制
・府民の森(国定公園)等の府域の山間部で発生する間伐材を有効活用するため、NPO等と連携した原木供給の仕組みをつくり、大阪府森林組合においてこれをペレット化する。また、製造されたペレットを府内の福祉施設、公衆浴場等において使用するボイラーの化石燃料の代替として販売し、バイオマス燃料の普及促進を図る。

2. 大阪府内の中小企業に対する省エネ診断の実施。
・大阪府内の中小企業に対する省エネ診断の実施と、省エネ機器導入等の対策を提案する。
・希望する事業者に対してはJ-VERの申請支援を実施し、クレジットの創出を手伝う。(当該事業参加のインセンティブ)。
・更に可能であればJ-VER申請後のモニタリングも支援する。
2. コンソーシアム幹事団体
名称 大阪府バイオマス燃料・省エネ推進コンソーシアム
代表者 成相 成悦
所属団体名・役職名 財団法人大阪府みどり公社
(大阪府地球温暖化防止活動推進センター)
理事長
URL http://www.osaka-midori.jp/ondanka-c/
3.コンソーシアム構成員
団体等の名称 事業実施責任者
氏名 役職名
財団法人大阪府みどり公社
(大阪府地球温暖化防止活動推進センター)
成相 成悦 理事長
大阪府森林組合 都解 浩一郎 事業部事業課長
ワタミ株式会社 小出 浩平 環境マネジメントグループ
グループ長
日本ドリーム・サービス株式会社 酒木 良三 代表取締役
住商アイナックス株式会社 関 至宏 関西支店 メンテナンス次長
NPO法人大阪府環境協会 鞍谷 保之 理事長
カーボンネットワーク関西 布施 淳一 代表
NPO法人日本森林ボランティア協会 山本 博 事務局長
大阪府 地球環境課 水丸 隆雄 地球環境課 課長
地球温暖化防止活動推進員
(大阪府知事委嘱)
藤田 明彦 自然エネルギーを推進する会 代表
<アドバイザー(学識経験者)>
団体等の名称 氏名 役職名
大阪府立大学 大塚 耕司 教授
大阪府立大学 北宅 善昭 教授
4.事業の全体像

○概要

○役割分担

このページのトップへ