地域のコンソーシアムによる地球温暖化防止活動(平成23年度)

沖縄県おきなわ地域課題解決型温室効果ガスを減らそうコンソーシアム

おきなわ地域課題解決型温室効果ガスを減らそうコンソーシアム

主な取組分野 LED交通
主な取組対象 モデル地区、家庭、事業所
 
1. コンソーシアムで行う事業の目的と概要
【目的】
 
【概要】
1) 公共交通系 公共バス利用促進による温室効果ガス排出削減
2) 家庭民生系 太陽光発電ネットワーク促進による温室効果ガス排出削減
3) 地域産業系 電照菊栽培のLED化による温室効果ガス排出削減
2. コンソーシアム幹事団体
名称 おきなわ地域課題解決型温室効果ガスを減らそうコンソーシアム
代表者  
所属団体名・役職名  
URL http://www.okica.or.jp/
3.コンソーシアム構成員
団体等の名称 事業実施責任者
氏名 役職名
     
4.事業の全体像

1) 公共交通系 公共バス利用促進による温室効果ガス排出削減
沖縄県の温室効果ガス排出は、運輸交通部門でのCO2排出が1/3を占め、その中で乗用車によるものが1/2近くとなっている。この交通系でのCO2排出を削減するために、バス(公共交通)へのモーダルシフトをモビリティマネージメントを通して行なう。自家用車からバスへの利用切り替えから削減量を評価する。

2) 家庭民生系 太陽光発電ネットワーク促進による温室効果ガス排出削減
沖縄県における住宅用太陽光発電システム一件あたりの平均出力容量は5.01kwと全国で最も高い。太陽光発電システムによるCO2削減を図るためにはできるだけ多くの「生涯発電量」を取り出すことが需要となる。そのため、システム不具合の早期発見につながる発電量のチェックや自家消費電力量の見える化、システムの最適設置環境の周知のために情報共有ネットワーク化を促進し、「節電21」への取組について削減効果を評価する。

3) 地域産業系 電照菊栽培のLED化による温室効果ガス排出削減
沖縄県は、日本で唯一、年間を通じて菊の露地栽培が可能であり、菊の生産量は日本一となっている。この電照菊栽培には白熱球が用いられている。そこで、LED電球を用いた電照菊栽培を実施し、CO2排出量の削減を図ると共に、LED電球の多様な用途を学ぶ見学会を作り家庭での「節電21」への取組を評価する。

このページのトップへ