地域のコンソーシアムによる地球温暖化防止活動(平成23年度)

長野県冬の節電in諏訪

長野県冬の節電in諏訪

主な取組分野 省エネ節電
主な取組対象 家庭
 
1. コンソーシアムで行う事業の目的と概要
【目的】
 本事業は、諏訪地域で温暖化防止活動するNPO団体等が共同で、冬の節電対策として、節電型暖房方法、断熱効果の高い部屋づくり、節電型温水シャワー使用等節電対策等を実施することにより、二酸化炭素の排出抑制の効果を検証するとともに、本事業を諏訪地域における冬期の節電対策モデルと位置付け、ここで得られた結果を基に、長野県内における冬期節電対策へと水平展開を図ることを目的とする。
【概要】
 本事業は、諏訪地域で温暖化防止活動するNPO団体等が共同で、冬の節電対策として、節電型暖房方法、断熱効果の高い部屋づくり、節電型温水シャワー使用等節電対策等を実施することにより、二酸化炭素の排出抑制の効果を検証するとともに、本事業を諏訪地域における冬期の節電対策モデルと位置付け、ここで得られた結果を基に、長野県内における冬期節電対策へと水平展開を図ることを目的とする。
2. コンソーシアム幹事団体
名称 冬の節電in諏訪コンソーシアム
代表者 茅野 實
所属団体名・役職名 一般社団法人 長野県環境保全協会
(長野県地球温暖化防止活動推進センター)
会長
URL http://www.dia.janis.or.jp/~nccca/
3.コンソーシアム構成員
団体等の名称 事業実施責任者
氏名 役職名
ストップ温暖化すわの会 中野 昭彦 会長
美しい環境づくり諏訪地域推進会議 長田 敏彦 事務局長
茅野市地球温暖化対策地域協議会 濱 淳司 会長
長野県諏訪地方事務所環境課 平林 一能 環境保全指導員
長野県環境保全協会諏訪支部 伊藤 勝一 (株)セイコーエプソン
CS品質保証・環境推進部
4.事業の全体像

・事業の全体像
長野県は、民生部門でCO2排出量削減とエネルギー節約の観点から家庭での節電を促進するため、全県的な節電運動を展開してきた。特に、諏訪地域は長野県内でも寒冷地であり、冬期間は暖房等による消費電力が夏期よりも多い状況にあることから、効果的な節電対策が必要となっている。また、ここで得られた結果を用い、県全体へと水平展開を図ることにより、低炭素社会の継続的な発展を模索していく。

・実施場所
諏訪地域の各家庭(募集規模:30件程度)

・事業規模
ファンヒーターの温風を電気こたつに誘導するダクト、断熱シート、節水シャワーヘッドを家庭モニターに貸与するとともに、これらの省エネルギー機器使用に加え、不要な照明の消灯、冷蔵庫の温度設定の見直し等の節電対策の実践を依頼し、その結果を報告書により提出していただく。併せて、コンソーシアム内の連絡会議・勉強会を開催し、事業の点検や情報・意見交換による進行管理を行うとともに、家庭モニターからの報告書取りまとめ結果を基にCO2排出量の削減の効果測定・評価を行い、事業結果をとりまとめ、冬期節電対策の水平展開を講じる。

・事業の具体的内容、方法
1) コンソーシアムが、諏訪地域の家庭に参加登録(募集規模:30件程度)を呼びかけ、登録者に期間中(12月15日から2月28日)のうち一カ月、冬の節電対策を実施してもらう。

2) コンソーシアムは各家庭にファンヒーターの温風を電気こたつに誘導するダクト、断熱シート、節水シャワーヘッドを貸与し、これを使用しての節電対策及び不要な照明の消灯、冷蔵庫の温度設定の見直しを依頼するとともに、省エネナビを各家庭に設置し、消費電力を把握する。

3) 登録者は、期間中、節電の実施状況を記録用紙に記入し、コンソーシアムに提出する。

4) コンソーシアムは、提出された報告からCO2排出量の集計を行い、CO2削減効果を検証するとともに、年3回のコンソーシアム会議と年1回の打合せ会議を開催し、適宜、考察及び事業の評価を行う。

・コンソーシアム会議:事業の円滑な実施、課題の協議及び取りまとめを行う事を目的に、コンソーシアム構成団体を参集し開催
・打合せ会議:事業の事務手続き等を打ち合わせることを目的に、コンソーシアム構成団体を参集し開催

5) コンソーシアムは、本事業を通じて得られた結果を基に、家庭における節電促進の方向性を示し、県内各地への水平展開を図る。

このページのトップへ