地域のコンソーシアムによる地球温暖化防止活動(平成23年度)

長野市ペレットストーブによるCO2削減効果検証事業

長野市ペレットストーブ実証試験コンソーシアム

主な取組分野 バイオマス
主な取組対象 家庭、事業所
 
1. コンソーシアムで行う事業の目的と概要
【目的】
本事業は、地域で活動するNPO等が協働で地域の産材である間伐材等を利用し製造した木質ペレットを活用し、ペレットストーブを用いて暖房機器における灯油等の使用を削減することにより、二酸化炭素の排出量削減を図ることを目的とする。
【概要】
長野森林組合においてペレット燃料の製造提供、NPO法人において本事業におけるモニターの募集を行う。モニターとして募集した一般家庭・事業所及び公共機関等において、木質ペレット材料やペレットストーブ本体の違いによる実証試験運転を行い、運転状況等をアンケート調査により把握、分析し、CO2削減効果への影響を取りまとめる。
2. コンソーシアム幹事団体
名称 長野市ペレットストーブ実証試験コンソーシアム
代表者 茅野 實
所属団体名・役職名 一般社団法人 長野県環境保全協会
(長野市地球温暖化防止活動推進センター)
会長
URL http://nace.main.jp/
3.コンソーシアム構成員
団体等の名称 事業実施責任者
氏名 役職名
長野市地球温暖化防止活動推進センター 茅野 實 センター長
NPO法人 CO2バンク推進機構 宮入 賢一郎 理事長
NPO法人 みどりの市民 高木 直樹 代表理事
長野森林組合 大日方 英雄 代表理事組合長
長野市環境部環境政策課 塚田 潤一 課長
長野市産業振興部森林整備課 小林 正幸 課長
4.事業の全体像

全体像:地元産の間伐材や不要な端材等を原料とする木質ペレットを利用し、木質ペレットの材料となる素材や、ペレットストーブ本体の違いによるCO2削減効果を検証する。

実施場所:長野市内全域

事業規模:25件程度のモニターを募集(一般家庭・事業所及び公共機関等)

○事業の具体的内容・方法
・モニター(アンケート対象者):今年度新規設置者等からモニターを募り、今冬の稼働状況を調査するとともに、削減効果等の把握を目的とした事後アンケートを実施する。また、モニターに対しては、木質ペレットの材料となる素材の違いによるCO2削減効果検証の観点から、事業期間内のペレットの提供をを行う。
・アンケート内容:ペレットストーブ及び使用燃料の概要、ペレットストーブ設置理由・効果、稼働期間・時間、燃料消費量、電力消費量、残灰発生量・処理方法、木質ペレットの質の違いによる燃焼への影響、その他稼働に係る課題・問題点など。
この結果からペレットストーブ運転に関するメリット・デメリットを抜き出し、CO2削減効果と併せ、住環境にかかる影響等についても把握を行う。

○各団体の役割分担
・長野市センター:事業全体の進行管理、会計管理を行う。
・NPO法人 CO2バンク:今年度設置者を対象にモニターを募集し、アンケート調査を行うとともに、アンケート結果を解析しペレットストーブ設置に関する課題を抽出する。
・NPO法人 みどりの市民:事業全体の企画、広報事業を行う。
・長野森林組合:ペレット燃料の生産体制を整備して燃料を提供し、燃料や運転方法の違いによる燃焼効果の検討に資する。
・長野市環境政策課:事業の運営に関する全体的な調整及び、温暖化対策に関する情報の提供を行う。
・長野市森林整備課:ペレットストーブ設置補助事業による設置者の情報提供及びモニター募集を行う。

このページのトップへ