地域のコンソーシアムによる地球温暖化防止活動(平成23年度)

川崎市かわさき緊急節電事業

かわさき緊急節電コンソーシアム

主な取組分野 節電
主な取組対象 モデル地区、家庭
 
1. コンソーシアムで行う事業の目的と概要
【目的】
2011 年3 月11 日の東日本大震災、原発事故等に起因する首都圏の電力不足は極めて深刻であり、地球温暖化対策の観点からも看過できない。まずは、当面予測される今夏の電力供給不足対策として、川崎市内のNPO、事業者、行政が連携して、町内会、自治会、商店街等の一般家庭、小規模商店を対象に、地域に応じた節電を呼び掛け、15%節電の実現を目指す。また、冬季については、暖房熱源の灯油、ガス等へ安易に依存しないような節電対策、温暖化対策を推進し、CO2 削減の定量的成果を得る。
【概要】
工業地域、住宅主体の地域など多様な地域特性を有する川崎市において、より一層の節電への取り組みが期待される一般家庭、小規模商店を有する、町内会、自治会、商店街等をモデル地区に設定し、地域特性に応じた節電対策を計画・周知する。設定した地区内の各世帯・商店に実際に節電対策を実施してもらい、その効果を評価する。
2. コンソーシアム幹事団体
名称 かわさき緊急節電コンソーシアム
代表者 竹井 斎
所属団体名・役職名 川崎市地球温暖化防止活動推進センター センター長
URL http://www.cckawasaki.jp/kwccca/
3.コンソーシアム構成員
団体等の名称 事業実施責任者
氏名 役職名
川崎市地球温暖化防止活動推進センター 竹井 斎 センター長
東京電力株式会社 神奈川支店・川崎支社 畑山 和廣 副支社長
東京ガス株式会社 神奈川支社・川崎支店 山部 典昭 副支店長
NPO 法人エコかわさきフロンティア 横井 ツヤ子 会長
川崎市環境局地球環境推進室 福芝 康祐 室長
なかはら地球にいいことプロジェクト 水谷 行久 代表
かわさき地球温暖化対策推進協議会 省エネグループ 八木 洋一 代表
かわさき地球温暖化対策推進協議会
グリーンコンシューマグループ
庄司 佳子 代表
かわさき地球温暖化対策推進協議会
ソーラーチーム
山下 博子 代表
4.事業の全体像

川崎市内の町内会、自治会、商店街等の中から、節電に積極的に取り組む協力を得られるモデル地区を設定する。次に設定モデル地区の戸建て中心地区、戸建てとマンション混在地区、大規模マンションなどの地域特性に応じた節電対策、省エネの計画を策定し、モデル地区内の協力世帯、商店に説明会等で周知する。
7 月~9 月の間、協力世帯に、15%節電対策、省エネを実施してもらい、月ごとの電力消費量の昨年比で節電効果、CO2削減量を把握し、その効果を評価する。協力世帯を追加し、11月~1月に同様に節電対策、省エネに取り組んでいただき、その効果を評価する。

このページのトップへ