地域のコンソーシアムによる地球温暖化防止活動(平成23年度)

香川県菜の花及び廃食油によるバイオマスエネルギー促進事業

かがわ地域菜の花エコプロジェクトコンソーシアム

主な取組分野 バイオマス
主な取組対象 家庭、事業所、学校・公共施設・団体等
 
1. コンソーシアムで行う事業の目的と概要
【目的】
本事業は、地域で活動するNPOが休耕田を利用した菜の花の栽培等の啓発活動事業を推進することを通じて、廃食油をバイオディーゼル燃料にし、バイオマスエネルギー源として使用することにより、エネルギー起源二酸化炭素の排出抑制及び地域の活性化を図ることを目的とする。
【概要】
 2つのNPOが共同で休耕田を利用し菜の花を栽培。菜の花から菜種油を搾油し地域で消費する(地産地消)。その後、飲食店及び家庭から廃食油とともに回収し、福祉施設で精製加工し、バイオディーゼル燃料として施設内公用車で使用する。(軽油代替)
2. コンソーシアム幹事団体
名称 かがわ地域菜の花エコプロジェクトコンソーシアム
代表者 高木 孝征
所属団体名・役職名 財団法人香川県環境保全公社
(香川県地球温暖化防止活動推進センター)
理事長
URL http://www5.ocn.ne.jp/~k-ecc/center/
3.コンソーシアム構成員
団体等の名称 事業実施責任者
氏名 役職名
財団法人香川県環境保全公社
(香川県地球温暖化防止活動推進センター) 
山花 隆司 センター長
かがわ菜の花プロジェクトネットワーク(NPO) 古川 尚幸 代表
三豊菜の花プロジェクト(NPO) 合田 和稔 代表
鵜足津福祉会高瀬荘(社会福祉法人) 片岡 光晴 副施設長
上高瀬公民館 女性会(地域団体) 小畑 恵美 代表
地球温暖化防止活動推進員
(香川県知事委嘱)
永田 浩一 -
4.事業の全体像

・主に三豊市内の休耕田の農地保全のため、「三豊菜の花プロジェクト)及び「かがわ菜の花プロジェクトネットワーク」が菜の花の刈り入れを行い、菜種油を搾油し、地域の学校や家庭で消費。その使用後の廃食油を飲食店及び家庭からの廃食油とともに回収(上高瀬公民館女性会等協力)し、鵜足津福祉会高瀬荘でバイオディーゼル燃料にして、施設内公用車で軽油代替で使用する。

・当コンソーシアムにより事業を行うことで、地域での資源循環型社会が構築できるとともに、廃食油回収量を大幅に増量できることで、より多くのエネルギー源である廃食油を回収することができ、エネルギー起源二酸化炭素の削減が図れる。

このページのトップへ