地域のコンソーシアムによる地球温暖化防止活動(平成23年度)

香川県間伐材によるバイオマスエネルギー促進事業

かがわ地域間伐材によるバイオマスエネルギー促進事業コンソーシアム

主な取組分野 バイオマス
主な取組対象 事業所
 
1. コンソーシアムで行う事業の目的と概要
【目的】
本事業は、地域で活動するNPOによる森林間伐事業の推進を通じ、間伐材(未利用放置残材を含む)をバイオマスエネルギー源として使用することにより、エネルギー起源二酸化炭素の排出抑制及び地域の活性化を図ることを目的とする。
【概要】
推進員等の協力のもと、2つのNPOが森林保全のため間伐事業を行い、その間伐材(未利用放置残材を含む)を温泉施設にてペレット等にせず、そのまま薪ボイラーで灯油の代替として使用することにより、エネルギー起源二酸化炭素を排出抑制する。
2. コンソーシアム幹事団体
名称 かがわ地域間伐材によるバイオマスエネルギー促進事業コンソーシアム
代表者 高木 孝征
所属団体名・役職名 財団法人香川県環境保全公社
(香川県地球温暖化防止活動推進センター)
理事長
URL http://www5.ocn.ne.jp/~k-ecc/center/
3.コンソーシアム構成員
団体等の名称 事業実施責任者
氏名 役職名
財団法人香川県環境保全公社
(香川県地球温暖化防止活動推進センター) 
山花 隆司 センター長
NPO法人こにふぁくらぶ 津久井 進 理事・会長
フォレスターズかがわ(NPO) 増田 孝夫 代表理事
ビレッジ美合館 衣斐 恵美子 常務取締役
地球温暖化防止活動推進員
(香川県知事委嘱)
勝浦 敬子 -
地球温暖化防止活動推進員
(香川県知事委嘱)
宮脇 照行 -
4.事業の全体像

・地域で活動しているNPO「こにふぁくらぶ」及び「フォレスターズかがわ」が地球温暖化防止活動推進員等の協力のもと(間伐地選定)、森林保全のため香川県内にて間伐事業を行い、運び出した間伐材(未利用放置残材を含む)をペレット等にせず、小丸太のままビレッジ美合館(温泉施設)にて薪ボイラ-で使用する。(灯油代替) なお、材の運び出しの一部及び運搬については、外部委託をする。

・当コンソーシアムにより事業を行うことで、今まで切り捨て放置していた間伐材の資源有効活用を図るとともに、温泉施設にてエネルギー源として(灯油代替)使用することでエネルギー起源二酸化炭素の削減を図る。

このページのトップへ