地域のコンソーシアムによる地球温暖化防止活動(平成23年度)

兵庫県エコドライブ活動実践推進による二酸化炭素排出削減事業

ひょうご エコドライブ推進コンソーシアム

主な取組分野 交通
主な取組対象 家庭、事業所
 
1. コンソーシアムで行う事業の目的と概要
【目的】
本事業は、地域でエコドライブ事業を推進しようとする市民団体、NPO、事業者等を行政、関係団体が連携支援し、県民、事業者が「エコドライブの実践」を通して二酸化炭素排出削減を図ることを目的とする。
【概要】
・すでに県下の市民団体により取り組まれているエコドライブ事業を、行政・関係団体の連携支援により、他の地域の県民、事業者へ拡大すること。
・事業内容は、地域のNPO、市民団体から参加者を募り、自動車教習所でエコドライブ講習会(実車研修、座学)を開催、これを実践してもらうことで県内における運輸部門の二酸化炭素排出削減に資すること。
・参加者には、燃費計測機の装着による走行時のデータ計測や走行距離、購入エネルギー量の記録を行ってもらい、これらのデータを外部有識者に報告、エコドライブの解析評価と講習会受講前と受講後の効果検証を行うこと。
2. コンソーシアム幹事団体
名称 ひょうご エコドライブ推進コンソーシアム
代表者 大原 義弘
所属団体名・役職名 財団法人ひょうご環境創造協会
(兵庫県地球温暖化防止活動推進センター)
理事長
URL http://www.eco-hyogo.jp/global-warming/center/
3.コンソーシアム構成員
団体等の名称 事業実施責任者
氏名 役職名
財団法人ひょうご環境創造協会
(兵庫県地球温暖化防止活動推進センター)
園田 竹雪 理事兼センター長
エコウイングあかし 塩野 勝 会長
(兵庫県地球温暖化防止活動推進員)
加東エコ隊 近松 照芳 隊長
NPO法人低炭素未来都市づくりフォーラム 真継 博 事務局長
社団法人兵庫県トラック協会 谷口 将 環境事業部部長
社団法人兵庫県指定自動車教習所協会 山口 勝英 会長
明石市環境部地球環境課 後藤 雅己 課長
加東市市民安全部生活課 森本 昌和 課長
兵庫県大気環境保全連絡協議会 森川 格 事務局長
4.事業の全体像

1.県民向け事業
エコウイングあかし・加東エコ隊・NPO法人低炭素未来都市づくりフォーラムが中心となってエコドライブ事業の参加者を募集し、自動車教習所(東播教習所、洲本教習所)にてエコドライブ講習会(実車研修、座学)を開催。参加者は、下記方式により走行データの計測を行いコンソーシアムに報告。

1. 燃費計測機方式
参加者の内21名を燃費計測機方式対象者とし、参加者所有の自家用車に燃費計測機を装着しエコドライブ講習前後の日常運転走行状態における計測を実施する。計測にあたっては有識者の指導により正確な燃料消費量の計測、速度やエンジン回転数などの走行状態の計測を行う。計測データは外部有識者の指導により解析評価を行う。なお、エコドライブ講習は、交通エコロジー・モビリティー財団認定のエコ&セーフティドライブ講習を自動車教習所において実車研修を行う。
2. 燃費記録方式 参加者の内燃費計測機方式以外の参加者約129名を記録方式とする。参加者129名のうち39名については自動車教習所での実車によるエコドライブ講習受講とし、残り90名については座学による講習とする。燃費記録方式は参加者の走行距離・購入エネルギー量を記録し、報告用紙により報告を行うこととする。報告データは外部有識者の指導により解析評価を行う。
・実施場所 
 明石市、加東市、淡路地区(洲本市、淡路市、南あわじ市)

・事業規模
 参加者150名(燃費計方式21名、燃費記録方式約129名)

2.事業者向け事業
社団法人兵庫県トラック協会により、トラック協会会員事業所に向けてエコドライブ事業への参加募集を行う。参加事業所は、社団法人兵庫県トラック協会が実施するエコドライブ講習会を受講する。コンソーシアムは参加事業所からエコドライブ講習会参加者の走行距離・購入エネルギー量の報告を受け、外部有識者の指導により解析評価を行う。

3.県民向け・事業者向け共通事業
エコドライブ講習受講者は、受講後地域NPOが主催する「エコドライブ勉強会」に参加しエコドライブ技術の復習と参加者相互の情報交換を行う。なお、主催NPO団体は「エコドライブ勉強会」の企画・運営を事務局と連携し主体となって開催し、今後の事業拡大に資することとする。

4.外部有識者について
公益財団法人豊田都市交通研究所 研究部 主任研究員 加藤秀樹氏(工学博士)の指導により、燃費・エネルギー使用量・走行距離などの報告データの解析評価と事業の効果検証を行う。

このページのトップへ