地域のコンソーシアムによる地球温暖化防止活動(平成23年度)

北海道間伐材等の薪利用による家庭部門の温暖化対策促進事業

北海道間伐材等の薪利用による家庭部門の温暖化対策促進事業

主な取組分野 バイオマス
主な取組対象 家庭
 
1. コンソーシアムで行う事業の目的と概要
【目的】
本事業は、地域で活動するNPO等が共同し、間伐材等の未利用木質資源を家庭における暖房エネルギー源(薪利用)として活用することにより、家庭から排出される二酸化炭素削減を目指すものである。
【概要】
札幌市内の薪ストーブユーザー自らが薪への加工・運搬労務を担うことで、安価に薪を入手する仕組づくりを検討する。さらに、産地の見える材を提供することで、地球温暖化問題や森林保全、地域活性化等へのユーザーの関心を高めるなど購入コスト以外の観点からも動機づけを図り、未利用資源の利用促進を行うとともに、家庭から排出される二酸化炭素削減を目指し、相乗効果を生み出したいと考える。なお、多くのユーザーは補助暖房を併用していることから、本事業においては、追加的に入手した薪をユーザーが使用することで、薪ストーブの使用比率を増加させ、家庭部門の二酸化炭素削減量を実証する。また、本事業は事業拡大を図りながら独立した仕組みとして継続していくことを前提としており、新規ユーザーの掘り起こし、未利用木質資源利用促進に寄与することを目的とした今後の事業展開において、実証的な位置づけとしても実施するものである。
2. コンソーシアム幹事団体
名称 どさんこ薪ネット
代表者 辻井 達一 
所属団体名・役職名
(北海道地球温暖化防止活動推進センター)
財団法人 北海道環境財団 理事長
URL http://www.heco-spc.or.jp/
3.コンソーシアム構成員
団体等の名称 事業実施責任者
氏名 役職名
財団法人北海道環境財団
(北海道地球温暖化防止活動推進センター)
辻井 達一 理事長
NPO法人北海道グリーンファンド 鈴木 亨 理事長
さっぽろ薪クラブ 岩井 尚人 代表
一般社団法人プロジェクトデザインセンター 加納 尚明 代表
環境NGO ezorock 草野 竹史 代表理事
4.事業の全体像

事業の全体像と各構成員の役割

このページのトップへ