地域のコンソーシアムによる地球温暖化防止活動(平成23年度)

広島県アイドリングストップ・トライアル事業

ひろしまアイドリングストップ・コンソーシアム

主な取組分野 省エネ
主な取組対象 マイカーや社用車の運転手
 
1. コンソーシアムで行う事業の目的と概要
【目的】
本事業は、地域で活動するNPO等が協働でフェリー乗り場およびフェリー内での「アイドリングストップ・トライアル事業」を推進することにより、二酸化炭素の排出抑制及び地域での草の根の温暖化防止活動の拡大を図ることを目的とする。
【概要】
架橋されていない島と本土をつなぐフェリー利用者にアイドリングストップを実践してもらい、ガソリンや軽油に由来するCO2排出量の削減を図る。
フェリーの利用頻度の高い住民、企業などから、アイドリングストップ・トライアル参加者(以下、トライアルメンバー)を募り、事前調査票と実践記録票を渡し、トライアル期間終了後に提出してもらう。
事前調査票および実践記録票のデータを収集・整理し、CO2削減量を算出する。
CO2削減量のデータを、トライアルメンバーおよびコンソーシアムメンバーなどで共有し、取り組みを継続・拡大する基盤を作る。
2. コンソーシアム幹事団体
名称 ひろしまアイドリングストップ・コンソーシアム
代表者 近光 章
所属団体名・役職名 財団法人広島県環境保健協会
(広島県地球温暖化防止活動推進センター)
理事長
URL http://www.kanhokyo.or.jp/
3.コンソーシアム構成員
団体等の名称 事業実施責任者
氏名 役職名
財団法人広島県環境保健協会
(広島県地球温暖化防止活動推進センター)
上田 康二 センター長
大崎上島けんこう文化の島づくり協議会 梅澤 恵子 会長
エコネットたけはら 清田宏和 会長
大崎汽船 トラベル有限会社 川本 公夫 専務
4.事業の全体像

1.コンソーシアム内での企画・戦略会議(以降随時開催)および有識者を交えての学習会を行い、実践期間や役割分担などを決定する。
2.フェリー会社に出向き、コンソーシアムへの参加・協力を求める。また、フェリーの利用頻度の高い住民や地元企業などを選定し、トライアルメンバーに登録してもらう。平行して、実践に必要なパンフレットや補助機材を準備する。
3.トライアルメンバーには、事前調査票と実践記録票を渡し、事前調査票には使用する車の排気量や燃料の種別などを記入し提出してもらう。また、実践を促進するための補助機材を渡し、実践頻度の向上を図る。実践記録票には、実施日や実施時間を記録してもらい、トライアル期間終了後に提出してもらう。
4.トライアル終了後、実施記録を集約し、アイドリングストップを実践した時間をもとに、削減できた燃料の量を算出し、燃料種別の排出係数を掛けてCO2削減量を算出する。
5.全コンソーシアムが協働で行う成果発表会を開催して成果の共有を図るとともに、取り組みを継続・拡大するための意見交換などを行う。
6.本事業の成果は成果集(CO2削減効果の評価結果や実施マニュアル)に取りまとめ、コンソーシアム内に配布するともに、ホームページ等で周知し、取り組みを継続・拡大する基盤を作る。

このページのトップへ