地域のコンソーシアムによる地球温暖化防止活動(平成23年度)

群馬県「チャレンジぐんま」ライフスタイルの見直しから始まる節電事業

「チャレンジぐんま」ライフスタイルの見直しから始まる節電コンソーシアム

主な取組分野 節電バイオマス
主な取組対象 家庭
 
1. コンソーシアムで行う事業の目的と概要
【目的】
平成23年3月の東日本大震災・福島原発事故を発端として日本の電力が供給不足である事情が見えてきた。当面は、この夏に予測される深刻な電力供給不足を乗りきり、政府の打ち出した家庭での電力消費マイナス15%の実現を目指す必要があるが、原発に依存せず地球温暖化対策を推進していくためには、現在行っている家庭での節電対策をより一層促進させ、一過性の節電対策ではなく年間を通じて日常的、継続的に節電を実行することが重要である。それには各家庭において、現在提案されている様々な節電を実行するとともに、さらに、電力に頼っている現状のライフスタイルを見直し、改善策を実行することが必要である。
本事業は、このような県民に対し、県内各地域で活動している団体と連携して、群馬県ならではの節電対策の構築を目的にコンソーシアムを形成し、地域特性、気候風土等を活かした恒常的な節電の方法や、バイオマスエネルギー利用などを生活にうまく取り入れていくことを県民に働きかけ、二酸化炭素排出量を直接的に削減する具体的な実行促進を図り、よって地球温暖化対策の一層の促進に資するものである。
【概要】
平成24年3月までの事業期間中に県内4か所節電を働きかけるセミナーを開催(4か所各1回)また、よりきめ細かな呼びかけを行う節電対策説明会を10回、県内全域で行う。
これらのセミナーや説明会は、群馬県内各地で活動する団体(特定非営利活動法人利根沼田地域ボランティアセンター、及びはるなネイチャーゲームの会)が、生活協同組合コープぐんま、群馬県(環境森林部環境政策課温暖化対策室)等とともに“「チャレンジぐんま」ライフスタイルの見直しから始まる節電コンソーシアム(特定非営利活動法人地球温暖化防止ぐんま県民会議が幹事団体)”を構築し、講師の派遣等を行うもの。
主に、家庭の電気使用により排出される二酸化炭素排出量削減に向けた節電対策の実行を働きかけることとし、セミナー、節電対策説明会のほか、県内自治体主催行事等における呼びかけ、新聞、テレビ、ラジオなどメディア等の活用、当コンソーシアムのホームページの利用により節電対策に関する詳細な情報提供を行い、節電による二酸化炭素排出量削減の促進を図るもの。
事業による二酸化炭素排出量削減効果を検証、実証するため、事業参加者には節電実行シートに記入して報告させる。当事業による二酸化炭素排出量削減の追加性が挙証できるようにするため、節電実行シートには、当事業実施前の節電対策等の実績を併記させ、その較差を集計し同事業の成果とする。
2. コンソーシアム幹事団体
名称 「チャレンジぐんま」ライフスタイルの見直しから始まる節電コンソーシアム
代表者 西薗 大実
所属団体名・役職名 特定非営利活動法人地球温暖化防止ぐんま県民会議
(群馬県地球温暖化防止活動推進センター)
理事長
URL http://www.gccca.jp/
3.コンソーシアム構成員
団体等の名称 事業実施責任者
氏名 役職名
特定非営利活動法人 地球温暖化防止ぐんま県民会議 西薗 大実 理事長
特定非営利活動法人 利根沼田地域ボランティアセンター 傳田 直史 代表理事
はるなネイチャーゲームの会 寺田 哲夫 会長
生活協同組合コープぐんま 中嶋 源治 理事長
群馬県(環境森林部環境政策課温暖化対策室) 青木 勝 室長
4.事業の全体像

○事業の内容
年4回のセミナーを開催し多くの県民に対して事業周知、及び参加を呼びかける。そのうち2回は夏の節電をテーマに行い2回は冬の節電をテーマに行う。群馬県は大きく分けて、北西部は山間部、南東部は関東平野というように気候・風土が異なる、南東部は夏の日本の最高気温を出す地域でもある。また北西部は冬に雪が多く寒い地区でもあることを考慮し、セミナーも夏の節電は南東部、冬の節電セミナーは北西部で行う。その他、少人数できめ細かな節電を呼びかけるため、節電対策説明会を10回開催する。 また、県内各自治体で主催する事業へ積極的に参加し同事業への参加を呼びかけるほか、事業周知と節電実践の促進を図るため、ホームページでの呼びかけを行うほか、新聞、テレビ、ラジオ等でも積極的に節電実践の呼びかけを行い、事業参加者を広く県内から募る、当事業による二酸化炭素排出削減量効果を検証、実証するため、事業参加者には報告書「節電実行シート」により、当事業実施前の節電対策等の報告と実施後の節電対策等を比較して報告させ、節電実行シートの報告を集計した数値を同事業の成果とする。本事業における温室効果ガス排出削減目標は66.9トン‐CO2とする。

○コンソーシアムメンバーの役割分担
(1)セミナーの開催:それぞれの団体がセミナー周知、参加の呼びかけは全コンソーシアムメンバーが関わる。
(2)節電対策説明会の企画運営:はるなネイチャーゲームの会、特定非営利活動法人利根沼田地域ボランティアセンターが中心に行う
(3)情報発信:幹事団体特定非営利活動法人地球温暖化防止ぐんま県民会議が中心に行う。
(4)報告書の配布及び回収・集計検証:幹事団体、はるなネイチャーゲームの会、特定非営利活動法人利根沼田地域ボランティアセンター

事業の全体像と各構成員の役割

このページのトップへ