地域のコンソーシアムによる地球温暖化防止活動(平成23年度)

福井県目指そうグリーンカーテン日本一事業

グリーンカーテン日本一コンソーシアムふくい

主な取組分野 緑のカーテン
主な取組対象 家庭、事業所、学校・公共施設・団体等
 
1. コンソーシアムで行う事業の目的と概要
【目的】
本事業は、県内の至るところ(一般宅やオフィス)で設置してもらうことを目的に、NPO等と連携し、排出削減量が見えるかたちでのグリーンカーテン普及を目指す。また夏窓対策に限らず、冬窓対策として手作り二重窓による実証実験も行うことで年間を通した対策を提案するための効果検証を行う。
【概要】
住宅、オフィスにおいて、夏期はゴーヤや朝顔によるグリーンカーテン、冬はホワイトカーテンの設置を行い、冷暖房によるCO2削減を行う。※ホワイトカーテンとは、ポリカーボネートを使った手作り二重窓のこと。
2. コンソーシアム幹事団体
名称 グリーンカーテン日本一コンソーシアムふくい
代表者 土保 裕治
所属団体名・役職名 特定非営利活動法人エコプランふくい
(福井県地球温暖化防止活動推進センター)
理事長
URL http://ecoplanf.com/xoops/
3.コンソーシアム構成員
団体等の名称 事業実施責任者
氏名 役職名
アースサポーター福井会 関西 勝 会長
越前市アースサポーターの会 谷口 孝 会長
越前市エコビレッジ交流センター 山岡 登志男 館長
特定非営利活動法人エコプラザさばえ 畑中 雅博 事務局長
土の会 斉藤 俊之 会長
南条生活学校 笛吹 清子 委員長
春江町東部地区まちづくり協議会環境部会 田嶋 哲雄 会長
福井市環境パートナーシップ会議 井上 博行 家庭で実践できるエコ活動
プロジェクトリーダー
あそうず七恵の会有限責任事業組合 畑地 すえ子 組合長
太陽ハウジング株式会社  太田 新一 代表取締役社長
福井県農業協同組合中央会 松村 仁 専務理事
福井県民生活協同組合 久島 雅夫 組織NW支援部統括部長(執行役員)
福井県安全環境部環境政策課 伊勢 信三 課長
越前市 奈良 俊幸 市長
勝山市 山岸 正裕 市長
鯖江市 牧野 百男 市長
中日新聞社 福井支社 藤本 直紀 支社長
福井テレビジョン株式会社 光野 稔 代表取締役社長
福井放送株式会社 小藤 幸男 代表取締役社長
あわら市エコ市民会議 吉田 純一 会長
4.事業の全体像

1 コンソーシアムの運営
・年2回(11月、2月)事業の計画、進捗確認、事業報告を行う総会(全体会)を開催する。
・また、全体会とは別に、ワーキンググループを設置し、事業運営を行う。

2 これまでのグリーンカーテン設置状況調査(6月)
・昨年までの設置状況や講習会の開催状況等をインターネット、口コミ等で情報収集する。

3 グリーンカーテン育て方講習会の開催、講習会への達人派遣(6月)
・コンソーシアム主催で、育て方講習会を1回開催する。
・また講習会への講師派遣依頼に応じて「達人」の派遣を行う。(30回程度)
※「達人」とは講習会での講師を意味する。コンソーシアム主催の達人養成講座(4月に開催)を受講した者を達人として認定・登録している。
※講習会参加者には、希望によりゴーヤの種か苗を配布する。
※講習会開催希望者を募る広報
 :コンソーシアムメンバーの協力で広報を行う。(作成物:Ⅰ.チラシ5,000枚、Ⅱ.ポスター50枚、Ⅲ.HP)

4 グリーンカーテン設置者によるエアコン使用削減活動(6月~9月)
・設置者は、グリーンカーテン参加登録を行う。
・登録者は、エアコンの使用時間の削減、設定温度の緩和に努め、8月下旬に取組内容を報告する。
※登録からの流れ
1)登録(6月~7月) :申込書(チラシ裏面)かセンターHP(PC版、携帯版)の登録フォームから申し込む。
希望者には種を送付する。

2)情報提供(7月~8月) :全登録者に育て方や省エネのヒントを送付する。

3)報告の回答(9月) :全登録者から報告用紙を返信してもらう。
  ※登録制度の広報は、3 講習会開催希望者募集の広報と合わせて行う。

5 グリーンカーテン設置者へのフォローアップ窓口の開設(7月~8月)
・設置者に対して、育て方の相談などを行うフォローアップ電話窓口を開設する。質問への回答は達人が電話や現地視察にて対応(10回程度)。

6 グリーンカーテン効果検証(8月~10月)
・詳細は別紙「事業の効果」。 登録者に報告様式を送付し、アンケートの回答と設置写真を提出する。

7 ホワイトカーテン設置希望者による暖房使用削減活動(11月)
・設置予定者を募集し、設置予定者はホワイトカーテン参加登録を行う。
・登録者は、暖房の使用時間の削減、設定温度の緩和に努め、2月上旬に取組内容を報告する。
※登録からの流れ
1)登録(11月) :申込書から申し込む。
2)作り方講習会への参加(11月) :全登録者は講習会に参加する。※詳細下記
3)報告の回答(2月上旬) :全登録者から報告用紙を返信してもらう。
  ※募集はグリーンカーテン設置者を対象に行う。(30名程度)

8 ホワイトカーテン作り方講習会の開催(11月)
 ・ホワイトカーテンの作り方講習会を1回開催する。
 ※講習会参加者には、ホワイトカーテン作成資材を提供する。

9 ホワイトカーテン効果検証(2月)
 ・詳細は別紙「事業の効果」。 登録者は、アンケートへの回答と写真の提出。

  ※なお、グリーンカーテンについては次年度以降もデータ測定を行い、効果検証を継続していく。

このページのトップへ