地域のコンソーシアムによる地球温暖化防止活動(平成23年度)

千葉県ちば植物油燃料利用促進事業

ちば植物油燃料利用促進コンソーシアム

主な取組分野 バイオマス
主な取組対象  
 
1. コンソーシアムで行う事業の目的と概要
【目的】
本事業は、地域で活動するNPO等が回収した廃食油から精製した植物油燃料の利用を促進することにより、二酸化炭素の排出抑制及び地域の活性化を図ることを目的とする。
【概要】
当コンソーシアムでは、次の事業により、今まで廃棄物として処分されていた廃食油をバイオマス資源として有効利用を図るとともに、エネルギー源として使用することでエネルギー起源二酸化炭素の削減を図る。
(1)廃食油の回収
千葉県東葛飾地域、印旛地域等において、家庭等で使用済みの廃食油を回収する。
廃食油の回収促進のため、市町村、事業者、地域住民等にパンフレット、広報チラシを配布し働きかける。
(2)代替燃料への再生
回収した廃食油を軽油代替燃料に精製する。
(3)再生した代替燃料の利用促進及び拡大
軽油代替燃料の利用拡大のため、運輸業者、建設業者、農業従事者等に働きかける。
冬期の農業用ハウス暖房用としてエステル化しない植物油を重油代替燃料として利用を拡大するため農業従事者等に働きかける。
2. コンソーシアム幹事団体
名称 ちば植物油燃料利用促進コンソーシアム
代表者 長濱 純
所属団体名・役職名 財団法人千葉県環境財団
(千葉県地球温暖化防止活動推進センター)
理事長
URL http://www.ckz.jp/onndannka/
3.コンソーシアム構成員
団体等の名称 事業実施責任者
氏名 役職名
財団法人千葉県環境財団
(千葉県地球温暖化防止活動推進センター)
長濱 純 理事長
(任意団体)
ちば環境再生県民の会
中岡 丈恵 代表
特定非営利活動法人 せっけんの街 須田 恭子 理事長
特定非営利活動法人
ちば食用油リサイクル推進ネットワークECOシナジー
大内 薫 理事長
企業組合 労協センター事業団 藤田 徹 代表理事
株式会社エコニカル 岡 伸二 代表取締役
4.事業の全体像

ちば環境再生県民の会は、ちば環境再生基金を活用した菜の花及びひまわりエコプロジェクト事業を通じて植物油のリサイクルを呼びかける活動を継続して実施してきた。 また、特定非営利活動法人せっけんの街は、水質汚濁の著しい手賀沼、印旛沼への汚濁物質の流入を減少させるため、千葉県東葛飾地域及び印旛地域の家庭を中心に廃食油を回収し、せっけんとして再利用することを継続して活動してきた。
せっけん及び植物油燃料の製造、販売はせっけんの街で実施しているが、せっけん販売量は年々減少し、植物油燃料についても利用が伸び悩んでいる。 また、県内各地には、地球温暖化防止や省資源の観点からバイオディーゼル燃料精製装置を設置し、廃食油を独自で回収・精製している団体があるが、その多くは特定の利用者が使用する燃料に見合った廃食油の回収に止まっているところから、資源再利用、化石燃料の使用削減が進んでいない状況にある。

一方、植物油燃料の利用拡大の可能性については、ディーゼル機関燃料のほか、ボイラー燃料がある。 冬期の利用に限られるが、県内では大規模な施設農業において大量の重油が暖房用として消費されている。植物油を重油代替燃料として利用する場合、化学反応を経ることなく、不純物を除去し、加温等により適当な粘度にすることでそのまま利用可能であることから、安定した供給体制が整えば大幅な利用拡大が期待できる。

そこで、当コンソーシアムとしては
・定期的にコンソーシアム会議を実施し、構成員間の情報交換、連携を強化する。
・廃食油の回収については、回収協力チラシを配布、のぼり旗を掲げ回収拠点であることを明示する等により県民への回収協力の呼びかけを行うとともに、植物油燃料の地球温暖化防止効果を説明したパンフレットを行政機関等へ持参、説明して、回収体制の確立を働きかけることにより廃食油の回収を促進する。
・軽油燃料精製においては、増加する回収量に応じた精製設備の増強、品質管理の強化等を行い、供給体制を確立することにより植物油燃料を増産する。
・植物油燃料の利用拡大については、植物油燃料に関する解説パンフレットの配布、パネル、燃料サンプルの提示による植物油燃料に対する理解を深め、新たな利用を促進することにより、植物油燃料によるエネルギー起源二酸化炭素の排出削減を行うこととする。

(千葉県地球温暖化防止活動推進センターの役割)
千葉県地球温暖化防止活動推進センター(以下「千葉県センター」という。)は、幹事団体として、コンソーシアム事業のコーディネート、運用サポート、進行管理、会計を担当する。また、事業を通じて活動団体が回収した廃食油量、植物油燃料消費量のデータを基に、事業終了後、千葉県センターにおいてエネルギー起源二酸化炭素削減の効果測定及び外部有識者による評価を実施する。

このページのトップへ