地域のコンソーシアムによる地球温暖化防止活動(平成23年度)

Home地域の動向地域での活動事例地域のコンソーシアムによる地球温暖化防止活動地域のコンソーシアムによる地球温暖化防止活動(平成23年度)秋田市「うちエコ診断」「省エネ診断」等の活用による民生家庭・業務部門の温暖化対策促進事業

秋田市「うちエコ診断」「省エネ診断」等の活用による民生家庭・業務部門の温暖化対策促進事業

秋田市省エネ行動普及促進コンソーシアム

主な取組分野 省エネ 節電
主な取組対象 家庭、事業所
 
1. コンソーシアムで行う事業の目的と概要
【目的】
地球の温暖化を防止すべく温室効果ガスの排出削減を進めるためには、また、先の東日本大震災・原発事故を契機としたエネルギー対策の見直しの観点からも、民生家庭・業務部門の省エネルギー化を強力に推進する事が喫緊の課題である。
本事業は、秋田市内の環境NPO等と協働で、課題解決へ向けたコンソーシアムを立ち上げ、市内全域のなるべく多くの家庭・事業所への省エネ機器の導入を促進し、その事業効果を広く周知し行動変容を促す事で、民生家庭・業務部門における二酸化炭素排出を削減する事を目的とする。CO2削減対策として有効であるが、効果にまだ不安があるなど導入に踏み切れない方が多いと思われることから、家庭のエネルギー使用状況等のアンケートを行い、簡単に対策ができる断熱シート、節水シャワーヘッドが効果があると診断された家庭等に使用してもらうことで、対策の有効性を検証し、その効果を広く発信することで普及を図る。事業所には、省エネルギーセンターや秋田県が実施する省エネ診断等を行った事業者に、温水・蒸気配管保温材を使用してもらうことで対策の有効性を検証し、その効果を広く発信することで普及を図る。
さらに、現在進行中の秋田市地球温暖化対策実行計画における、リーディングプロジェクトの早期実現へ寄与することを目指す。
【概要】
一般社団法人あきた地球環境会議(秋田市地球温暖化防止活動推進センター)、特定非営利活動法人あきたパートナーシップ、秋田県省エネルギー普及指導員センター、秋田市などから構成されるコンソーシアムを組織し、市内の家庭(e-市民など)に対し、申請団体がアンケートを行い、居間や主に使う部屋の窓ガラスがシングルガラスである家庭をモデル家庭とし、窓断熱シートや節水シャワーヘッド等の省エネ機器導入の貸与を全市域のモデル家庭へ推進する。 また事業所に関しては、省エネルギーセンターや秋田県が実施している「省エネ診断」等の診断を受診した事業所を、モデル事業所とし、その診断結果に基づき、温水/蒸気配管保温材の貸与を全市域のモデル事業所へ推進する。機器貸与にあたっては、これらのアンケートや診断等を前提条件として設定し、事業実施後にアンケートや検針票等の提出を求め、比較をすることで、省エネ機器導入の意義や定量的な事業効果の把握(見える化)が図られる。また、この事業による成果を市広報誌等で広く周知することで、民生家庭・業務部門の省エネ機器の導入を促し、秋田市地球温暖化対策実行計画におけるリーディングプロジェクトである「住宅省エネ化プロジェクト」へ寄与し、地域活性化や、低炭素社会構築・実現への素地とする。
2. コンソーシアム幹事団体
名称 秋田市省エネ行動普及促進コンソーシアム
代表者 蒔田 明史
所属団体名・役職名
(秋田市地球温暖化防止活動推進センター)
一般社団法人 あきた地球環境会議 代表理事
URL  
3.コンソーシアム構成員
団体等の名称 事業実施責任者
氏名 役職名
一般社団法人 あきた地球環境会議
(秋田市地球温暖化防止活動推進センター)
長谷川 兼一 理事
秋田市環境部 佐藤 隆幸 部長
秋田県省エネルギー普及指導員センター 朝倉 孝子 代表理事
特定非営利活動法人 あきたパートナーシップ 菅原 展子 理事長
4.事業の全体像

事業の全体像と各構成員の役割

このページのトップへ