海外

Home温暖化関連ニュース海外ノーベル平和賞2007にゴア元副大統領とIPCCが決定

[海外]

ノーベル平和賞2007にゴア元副大統領とIPCCが決定

10月12日、ノルウェーのノーベル賞委員会は、2007年のノーベル平和賞を、米国のゴア元副大統領と気候変動に関する政府間パネル(IPCC)に授与することを発表しました。地球温暖化に警鐘を鳴らすなどの功績が評価されたものです。

全国地球温暖化防止活動推進センターの大木浩代表(元環境大臣・COP3議長)は次のようにコメントしています。

ゴア元副大統領とIPCC(気候変動に関する政府間パネル)がノーベル平和賞を受賞されたことは、 今や地球温暖化の防止が人類の安全と平和にとって 不可欠の条件であることが明らかになりつつある折柄、 まことに嬉しいニュースであり、 温暖化の防止のために日夜努力している世界各国の多くの人々を 勇気付ける快挙であると申せましょう。

先般発表されたIPCCの第四次報告書においても、 世界の大多数の科学者が地球温暖化は既に現実に進行中の脅威であり、 思い切った防止措置を一日も早くとるべきであると訴えています。

願わくば今回の2つの受賞が、温暖化防止へ向けての世界市民の足並みを、 しっかりと揃えるきっかけとなることを祈ります。

詳しくは、 ノーベル平和賞のウェブサイト をご覧ください。(英文)

気候変動に関する政府間パネル(IPCC)については、温暖化用語集の説明をご覧ください。

このページのトップへ