国内

Home温暖化関連ニュース国内2019年度(令和元年度)の温室効果ガス排出量(速報値)が発表されました

[国内]

2019年度(令和元年度)の温室効果ガス排出量(速報値)が発表されました

2019年度(令和元年度)日本の室効果ガス排出量(速報値)が環境省より発表されました。

環境省と国立環境研究所は、今般、2019年度の我が国の温室効果ガス排出量(速報値)をとりまとめました。2019年度の温室効果ガスの総排出量は12億1,300万トン(二酸化炭素(CO2)換算)で、前年度比2.7%減(2013年度比14.0%減、2005年度比12.2%減)でした。前年度からの減少要因としては、エネルギー消費量の減少(製造業における生産量減少等)や、電力の低炭素化(再生可能エネルギーの導入拡大)に伴う電力由来のCO2排出量の減少等が挙げられます。

※JCCCAでは、日本の温室効果ガス排出量について、すぐ使える図表集で情報を提供していますが、現時点では 報値等が公表されていないものデータがあります。 このため、来年2021年4月に報告予定の確定値が発表され次第、図表の更新を行いますのでご承知おきくださいますよう、よろしくお願い申し上げます。

いつもすぐ使える図表集をご利用いただき、ありがとうございます。

★詳細はこちら
2019年度(令和元年度)の温室効果ガス排出量(速報値)について(環境省 令和2年12月8日付報道発表)
http://www.env.go.jp/press/108734.html

このページのトップへ