国内

Home温暖化関連ニュース国内2010年度の温室効果ガス排出量(確定値)が発表されました【環境省】

[国内]

2010年度の温室効果ガス排出量(確定値)が発表されました【環境省】

 

4月13日付で、環境省より2010年度(平成22年度)の温室効果ガス排出量(確定値)が発表されました。

2010年度の温室効果ガスの総排出量は、12億5,800万トンで、1990年比0.3%減となっています。
※CO2、CH4、N2Oは1990年度、HFCs、PFCs、SF6は1995年

前年度の総排出量と比べると、4.2%増 です。増加の原因として、2008年に発生したリーマンショック後の景気後退からの回復の中で、製造業等の活動量の増加に伴い産業部門からの排出量が増えたこと、猛暑厳冬により電力消費が増加したことなどが挙げられています。 ています。てています

詳細は環境省報道発表資料をご覧ください。

このページのトップへ