国内

Home温暖化関連ニュース国内2010年度(平成22年度)の温室効果ガス排出量(速報値)が発表されました

[国内]

2010年度(平成22年度)の温室効果ガス排出量(速報値)が発表されました

2010年日本の排出量(速報値)が環境省および国立環境研究所(GIO)より発表されました。

2010年度の日本温室効果ガスの総排出量(速報値)は、12億5,600万トンでした。これは、京都議定書の規定による基準年(CO2、CH4、N2Oは1990年度、HFCs、PFCs、SF6は1995年)の総排出量と比べると、0.4%の減少となっています。

また、2009年度の総排出量と比べると、産業部門をはじめとする各部門の二酸化炭素排出量が増加したことなどにより、3.9%増加しています。その原因としては、2008年に発生したリーマンショック後の景気後退からの回復の中で、製造業等の活動量の増加に伴い産業部門からの排出量が増えたこと、猛暑厳冬により電力消費が増加したことなどが挙げられます。

※JCCCAでは、日本の温室効果ガス排出量について、すぐ使える図表集で情報を提供していますが、現時点では2010年度の年報値等が公表されていないものがあります。
このため、来年2012年4月に報告予定の確定値が発表され次第、図表の更新を行いますのでご了承いただきますよう、よろしくお願い申し上げます。

★詳細はこちら
2010年度(平成22年度)の温室効果ガス排出量(速報値)について(国環研記者発
表)
http://www.nies.go.jp/whatsnew/2011/20111213/20111213.html
2010年度(平成22年度)の温室効果ガス排出量(速報値)について(環境省報道発
表)
http://www.env.go.jp/press/press.php?serial=14564

「日本の温室効果ガス排出量データ(1990~2010年速報値)」(GIOウェブページ)
http://www-gio.nies.go.jp/aboutghg/nir/nir-j.html

 

このページのトップへ