JCCCAからのお知らせ

HomeJCCCAからのお知らせ政府が「エネルギー・環境に関する選択肢」を決定しました。国民の意見を求めています (お知らせ)  

政府が「エネルギー・環境に関する選択肢」を決定しました。国民の意見を求めています (お知らせ)  

 政府は6月29日、エネルギー・環境会議を開き、平成42(2030)年までの中長期的なエネルギー政策について、3つの選択肢を決定しました。
 平成42年時点での総発電量に占める原発の比率を0%、15%、20~25%とする3シナリオを提示。それぞれについて核燃料処理のあり方や地球温暖化ガスの削減効果などを記しています。

 これに対する国民の意見を求めています。
 政府は自治体や民間団体主催の説明会に協力し、マスメディア等による世論調査をしっかりと見極めることにより、総合的に国民の意向を把握するとしたうえで次の4つのプログラムを示しています。

①エネルギー・環境の選択肢に関する情報提供データベースの整備:7月上旬
②エネルギー・環境の選択肢に関する意見聴取会:全国11 カ所で7月14 日(土)から8月上旬までの間毎週末
③エネルギー・環境戦略に関するパブリックコメントの募集:7月2日(月)から8月12日(日)までコメントを受け付け。
④エネルギー・環境戦略の選択肢に関する討論型世論調査:8月4・5日(土日)に実施
お知らせします。
 
エネルギー・環境に関する選択肢は、こちら
 

このページのトップへ