イベント情報

Homeイベント情報立教大学ESD研究所公開講演会「自然エネルギー100%を実現した大学―大学がサステナビリティに果たす役割―」

[東京]

立教大学ESD研究所公開講演会「自然エネルギー100%を実現した大学―大学がサステナビリティに果たす役割―」

立教大学ESD研究所では、7月16日(火)18:30~20:00に公開講演会を開催いたします。

今回のテーマは「自然エネルギー100%を実現した大学―大学がサステナビリティに果たす役割―」です。
千葉商科大学学長 原科 幸彦氏をお招きし、同大学におけるRE100の取り組みについてお話し頂きます。
皆様お誘いあわせの上、ご参加ください。

申し込みはこちらまで Mail: esdrc@rikkyo.ac.jp
<メールの件名に「自然エネルギー」と明記の上、名前、フリガナ、所属をご記入ください>

◆日時:日 時:2019年7月16日 (火) 18:30~20:00
◆場所:立教大学池袋キャンパス 本館2階1203教室
◆講師:原科 幸彦氏(千葉商科大学学長)
◆内容:気候変動対策は最重要な今日的課題であり、今世紀中頃までに人間由来のCO₂をゼロにすべく国際的な取組みが始まっています。 千葉商科大学では、全学体制で省エネルギー、創エネルギーの活動を実施し、自然エネルギー100%の実現を提唱する世界的イニシアティブ「自然エネルギー100%プラットフォーム」により、国内の大学として初めて、自らの使う電力に相当する自然エネルギー発電を行ったと確認され、高く評価されました。また、同大学では教育・研究・運営面にSDGs(国連持続可能な開発目標)を導入しています。 本講演会では、これらの活動についてお話し頂き、大学がサステナビリティに果たす役割について議論します。

◆詳細・チラシダウンロードは以下ウェブサイトからどうぞ
https://www.rikkyo.ac.jp/research/institute/esd/

◆主催:立教大学ESD研究所
◆後援:ESD活動支援センター、関東地方ESD活動支援センター、NPO法人持続可能な開発のための教育推進会議(ESD-J)、公益社団法人日本環境教育フォーラム(JEEF)

このページのトップへ