イベント情報

Homeイベント情報アメリカはなぜCO2規制に動き出したのか? CO2規制の最新情報

[東京]

アメリカはなぜCO2規制に動き出したのか? CO2規制の最新情報

特別セミナー アメリカはなぜCO2規制に動き出したのか? CO2規制の最新情報

アメリカのオバマ大統領が「気候行動計画」を発表して1年。
それを受け、アメリカ環境保護庁(USEPA)は、 新設と既存のそれぞれの発電所へのCO2規制案を打ち出しました。
規制案の通りであれば、石炭火力発電は、今のまま動かすことも 新設することもできないという厳しい内容です。

アメリカはなぜCO2規制に動き出したのでしょうか?
そして、アメリカの動きは、日本にとって どのような意味を持つのでしょうか?

このたび、この問題に専門家として長年取り組んできた ブルース・バックハイトさんと、
この規制を後押ししてきた シエラクラブのニコール・ギオさんをお招きし、 最新情報についてお話いただくことになりました。
どうぞご参加ください!

▼日時 2014年7月8日(火)18:30~20:30(受付18:00~)
▼会場 東京ウィメンズプラザ視聴覚室(東京都渋谷区神宮前5-53-67)

▼内容(予定)
1.「米国の発電所のCO2規制とその意味」  ブルース・バックハイト氏(環境コンサルタント・元米国環境保護庁)   
環境保護庁では、ナショナルプログラムマネージャーとして大気浄化法の施行に携わった。  
2004年より環境コンサルタントとして企業や州に戦略的アドバイスを行って いる。

2.「米国のNGOの活動と石炭火力発電問題」  ニコール・ギオ氏(シエラクラブ)   
世界銀行、米国輸出入銀行の会議では、シエラクラブを代表して出席。   
同団体が行った「Beyond Coal」キャンペーンでは、米国の25以上の州でコーディネーターを務めた。

3.「日本への教訓」  平田 仁子(気候ネットワーク)   
98年6月より気候ネットワークに参加し、NGOの立場から、国内外の地球温暖化に関する政策研究・政策提言・情報提供などを行う。

▼参加費 気候ネットワーク会員(当日入会含む) 無料 非会員 1,000円

▼お申込み 次のウェブサイトからお申込みください。
http://www.kikonet.org/event/2014-07-08/

*いただいた個人情報は、本セミナーに関するご案内の目的以外では使用しませ ん。

このページのトップへ