MENU

4-6 家庭からの二酸化炭素排出量(2018年度)

目次

家庭からの二酸化炭素排出量(世帯当たり、燃料種別)


出典)温室効果ガスインベントリオフィス

家庭からの二酸化炭素排出量(世帯当たり、燃料種別)(2018年度)
燃料種排出量*割合
石炭等00.0%
灯油3478.4%
LPG1924.6%
都市ガス3538.5%
電気1,93846.7%
10.0%
ガソリン1,00924.3%
軽油491.2%
ゴミ1814.4%
水道801.9%
合計4,150100%

出典)温室効果ガスインベントリオフィス

「日本の1990-2018年度の温室効果ガス排出量データ」(2020.4.14発表)
*排出量の単位は[キログラム-二酸化炭素(CO2)換算]

※ 家庭からのCO2排出量は、インベントリの家庭部門、運輸(旅客)部門の自家用乗用車(家計寄与分)、廃棄物(一般廃棄物)処理からの排出量、および水道からの排出量を足し合わせたものである。   
※※ 一般廃棄物は非バイオマス起源(プラスチック等)の焼却によるCO2及び棄物処理施設で使用するエネルギー起源CO2のうち、生活系ごみ由来分を推計したものである

*四捨五入のため、合計が100%にならない場合があります

家庭からの二酸化炭素排出量(世帯当たり、用途別)


出典)温室効果ガスインベントリオフィス

家庭からの二酸化炭素排出量(世帯当たり)(用途別内訳)(2018年度)
用途排出量*割合
暖房64915.6%
冷房1222.9%
給湯56713.7%
キッチン2125.1%
照明・家電製品など1,28030.9%
自動車1,05825.5%
ゴミ1814.4%
水道801.9%
合計4,150100%

照明・家電製品など・・・電気を使用し、他の用途に含まれないものが含まれる。例:照明、冷蔵庫、掃除機、テレビなど。

出典)温室効果ガスインベントリオフィス

「日本の1990-2018年度の温室効果ガス排出量データ」(2020.4.14発表)
*排出量の単位は[キログラム-二酸化炭素(CO2)換算]

※ 家庭からのCO2排出量は、インベントリの家庭部門、運輸(旅客)部門の自家用乗用車(家計寄与分)、廃棄物(一般廃棄物)処理からの排出量、および水道からの排出量を足し合わせたものである。
※※ 一般廃棄物は非バイオマス起源(プラスチック等)の焼却によるCO2及び棄物処理施設で使用するエネルギー起源CO2のうち、生活系ごみ由来分を推計したものである。
※※※ 日本エネルギー経済研究所 計量分析ユニット 家庭原単位マトリックスをもとに、国立環境研究所温室効果ガスインベントリオフィスが作成。

*四捨五入のため、合計が100%にならない場合があります

ドキュメントライセンス

こちらの内容をご確認の上、ライセンスに同意するにチェックを入れるとダウンロードできます。

JCCCA Webサイトのデータの利用に際して

  • 図表・イラストについては、ダウンロードボタンをクリックしてダウンロードできる素材に限り、出典を明記すればご使用いただけます。
  • 商業目的の使用はご遠慮ください。
  • 個別のダウンロードで提供していない図表・イラスト・写真などを単独で複製・改変・無断引用するなど、著作権法に触れる行為は禁止します。

使用上の注意

(1)出典は次のように明記してください。

A 図表を使用する場合
図表内に記載されている出典、及びJCCCAのウェブサイトから引用した旨を明記してください。
例: 出典)温室効果ガスインベントリオフィス
全国地球温暖化防止活動推進センターウェブサイト(http://www.jccca.org/)より

B パンフレットなどの場合
例: 出典:環境省「パンフレットの名前」

(2)加工の禁止

イラストをトリミングするなど、データの加工は行わないでください。

問合せ先:全国地球温暖化防止活動推進センター 広報担当宛
〒102-0074 東京都千代田区九段南3-9-12 九段ニッカナビル7階
TEL:03-6273-7785/FAX:03-3263-1010













    ●利用する素材名

    4-6 家庭からの二酸化炭素排出量(2018年度)

    ●利用目的【必須】

    ●職業(立場)【必須】

    ●このサイトを知ったきっかけを教えてください。【必須 複数回答】

    家庭からの二酸化炭素排出量(2018年度)ダウンロード

    目次
    閉じる