MENU

4-1 日本における温室効果ガス排出量の推移(1990-2018年度)

目次

日本における温室効果ガス排出量の推移


出典)温室効果ガスインベントリオフィス

日本における温室効果ガス排出量の推移
温室効果ガス二酸化炭素(CO2)メタン(CH4)一酸化二窒素(N2O)ハイドロフルオロカーボン(HFCs)パーフルオロカーボン(PFCs)六フッ化硫黄(SF6)三フッ化窒素(NF3)合計1990年度比%2005年度比%2013年度比%
地球温暖化係数(GWP)125298HFC-134a:
1,430など
PFC-14:
7,390など
22,80017,200
1990年度1163.944.431.915.96.512.90.01275.5   
1991年度1175.443.331.617.37.514.20.01289.31.1%  
1992年度1184.844.131.817.87.615.60.01301.72.1%  
1993年度1177.540.031.618.110.915.70.01293.91.4%  
1994年度1232.443.432.921.113.415.00.11358.26.5%  
1995年度1244.641.933.225.217.616.40.21379.28.1%  
1996年度1256.640.734.324.618.317.00.21391.79.1%  
1997年度1249.740.035.124.420.014.50.21383.98.5%  
1998年度1209.638.133.523.716.613.20.21334.94.7%  
1999年度1246.238.027.424.413.19.20.31358.56.5%  
2000年度1269.138.029.922.911.97.00.31379.08.1%  
2001年度1254.037.126.319.59.96.10.31353.16.1%  
2002年度1283.036.425.716.29.25.70.41376.77.9%  
2003年度1291.035.025.616.28.95.40.41382.58.4%  
2004年度1286.236.025.412.49.25.30.51375.07.8%  
2005年度1293.335.825.012.88.65.01.51382.08.3%  
2006年度1270.035.324.814.69.05.21.41360.36.6%-1.6% 
2007年度1305.535.524.216.77.94.71.61396.29.5%1.0% 
2008年度1234.635.223.419.35.74.21.51323.93.8%-4.2% 
2009年度1165.134.322.720.94.02.41.41250.9-1.9%-9.5% 
2010年度1216.534.822.223.34.22.41.51305.02.3%-5.6% 
2011年度1266.533.821.826.13.82.21.81355.96.3%-1.9% 
2012年度1307.732.921.529.43.42.21.51398.69.6%1.2% 
2013年度1316.932.521.532.13.32.11.61410.110.5%2.0% 
2014年度1265.231.921.135.83.42.01.11360.56.7%-1.6%-3.5%
2015年度1224.931.120.739.33.32.10.61322.03.6%-4.3%-6.2%
2016年度1205.330.720.242.63.42.20.61305.02.3%-5.6%-7.5%
2017年度1189.730.220.444.93.52.10.41291.31.2%-6.6%-8.4%
2018年度1137.829.920.047.03.52.00.31240.4-2.8%-10.2%-12.0%

出典) 温室効果ガスインベントリオフィス

 「日本の1990-2018年度の温室効果ガス排出量データ」  (2020.4.14発表)
排出量の単位は[百万トン-二酸化炭素(CO2)換算]

ドキュメントライセンス

こちらの内容をご確認の上、ライセンスに同意するにチェックを入れるとダウンロードできます。

JCCCA Webサイトのデータの利用に際して

  • 図表・イラストについては、ダウンロードボタンをクリックしてダウンロードできる素材に限り、出典を明記すればご使用いただけます。
  • 商業目的の使用はご遠慮ください。
  • 個別のダウンロードで提供していない図表・イラスト・写真などを単独で複製・改変・無断引用するなど、著作権法に触れる行為は禁止します。

使用上の注意

(1)出典は次のように明記してください。

A 図表を使用する場合

図表内に記載されている出典及びJCCCAのウェブサイトから引用した旨を併記してください。
ただし、図表内の出典が判読できる大きさで使用される場合は、全国地球温暖化防止活動推進センターのみの表記で問題ありません。
例: 出典)温室効果ガスインベントリオフィス/
全国地球温暖化防止活動推進センターウェブサイト(https://www.jccca.org/)より

B パンフレットなどの場合
例: 出典:環境省「パンフレットの名前」

(2)加工の禁止

イラストをトリミングするなど、データの加工は行わないでください。
なお、モノクロ(1色)での使用は加工にはあたりません。

問合せ先:全国地球温暖化防止活動推進センター 広報担当宛
〒102-0074 東京都千代田区九段南3-9-12 九段ニッカナビル7階
TEL:03-6273-7785/FAX:03-3263-1010













    ●利用する素材名

    4-1 日本における温室効果ガス排出量の推移(1990-2018年度)

    ●利用目的【必須】

    ●職業(立場)【必須】

    ●このサイトを知ったきっかけを教えてください。【必須 複数回答】

    日本における温室効果ガス排出量の推移(1990-2018年度)ダウンロード

    目次
    閉じる