MENU

4-1 日本における温室効果ガス排出量の推移(1990-2019年度)

目次

日本における温室効果ガス排出量の推移


出典)温室効果ガスインベントリオフィス

日本における温室効果ガス排出量の推移
温室効果ガス二酸化炭素
(CO2
メタン
(CH4)
一酸化二窒素
(N2O)
ハイドロフルオロカーボン類(HFCs)パーフルオロカーボン類(PFCs)六ふっ化硫黄
(SF6
三ふっ化窒素
(NF3
合計1990年度比2005年度比2013年度比
地球温暖化係数(GWP)125298HFC-134a:
1,430など
PFC-14:
7,390など
22,80017,200    
1990年度116443.831.815.96.512.90.01275   
1991年度117543.131.517.37.514.20.012891.1%  
1992年度118543.531.717.87.615.60.013012.1%  
1993年度117742.631.618.110.915.70.012961.7%  
1994年度123242.532.821.113.415.00.113576.5%  
1995年度124441.533.125.217.716.40.213798.2%  
1996年度125640.334.324.618.317.00.213919.1%  
1997年度124939.935.124.420.014.50.213848.6%  
1998年度120938.333.523.716.613.20.213354.7%  
1999年度124638.027.324.413.19.20.313586.6%  
2000年度126937.529.922.911.97.00.313788.1%  
2001年度125436.426.219.59.96.10.313526.1%  
2002年度128335.725.716.29.25.70.413767.9%  
2003年度129134.925.516.28.95.40.413828.4%  
2004年度128634.625.412.49.25.30.513747.8%  
2005年度129434.725.012.88.65.01.513818.4%  
2006年度127134.224.814.69.05.21.413606.7%-1.5% 
2007年度130633.624.216.77.94.71.613959.4%1.0% 
2008年度123532.923.419.35.84.21.513223.7%-4.3% 
2009年度116632.422.720.94.12.41.41250-2.0%-9.5% 
2010年度121731.922.223.34.32.41.513032.2%-5.7% 
2011年度126730.721.726.13.82.21.813546.2%-2.0% 
2012年度130830.121.429.43.42.21.513969.6%1.1% 
2013年度131830.021.432.13.32.11.6140810.5%2.0% 
2014年度126629.521.035.83.42.01.113596.6%-1.6%-3.5%
2015年度122629.220.739.33.32.10.613213.6%-4.4%-6.2%
2016年度120629.120.242.63.42.20.613042.3%-5.6%-7.4%
2017年度119028.920.545.03.52.10.412911.3%-6.6%-8.3%
2018年度114628.620.147.03.52.10.31247-2.2%-9.7%-11.4%
2019年度110828.41619.849.73.42.00.31212-4.9%-12.3%-14.0%

出典) 温室効果ガスインベントリオフィス

 「日本の1990-2019年度の温室効果ガス排出量データ」  (2021.4.13発表)
排出量の単位は[百万トン-二酸化炭素(CO2)換算]

ドキュメントライセンス

こちらの内容をご確認の上、ライセンスに同意するにチェックを入れるとダウンロードできます。

JCCCA Webサイトのデータの利用に際して

  • 図表・イラストについては、ダウンロードボタンをクリックしてダウンロードできる素材に限り、出典を明記すればご使用いただけます。
  • 商業目的の使用はご遠慮ください。
  • 個別のダウンロードで提供していない図表・イラスト・写真などを単独で複製・改変・無断引用するなど、著作権法に触れる行為は禁止します。

使用上の注意

(1)出典は次のように明記してください。

A 図表を使用する場合

図表内に記載されている出典及びJCCCAのウェブサイトから引用した旨を併記してください。
ただし、図表内の出典が判読できる大きさで使用される場合は、全国地球温暖化防止活動推進センターのみの表記で問題ありません。
例: 出典)温室効果ガスインベントリオフィス/
全国地球温暖化防止活動推進センターウェブサイト(https://www.jccca.org/)より

B パンフレットなどの場合
例: 出典:環境省「パンフレットの名前」

(2)加工の禁止

イラストをトリミングするなど、データの加工は行わないでください。
なお、モノクロ(1色)での使用は加工にはあたりません。

問合せ先:全国地球温暖化防止活動推進センター 広報担当宛
〒102-0074 東京都千代田区九段南3-9-12 九段ニッカナビル7階
TEL:03-6273-7785/FAX:03-3263-1010













    ●利用する素材名

    4-1 日本における温室効果ガス排出量の推移(1990-2019年度)

    ●利用目的【必須】

    ●職業(立場)【必須】

    ●このサイトを知ったきっかけを教えてください。【必須 複数回答】

    日本における温室効果ガス排出量の推移(1990-2019年度)ダウンロード

    目次
    閉じる