環境大臣表彰H21

Home地域の動向地域での活動事例環境大臣表彰H21練馬区立富士見台小学校 【感じよう 考えよう 行動しよう ―エネルギー環境教育の実践を通して―】

練馬区立富士見台小学校 【感じよう 考えよう 行動しよう ―エネルギー環境教育の実践を通して―】

本校は平成19年度から3年間、経済産業省資源エネルギー庁から「エネルギー教育実践校」の指定を受け、エネルギー環境教育を実践しています。3年間の実践テーマは「感じよう 考えよう 行動しよう ―エネルギー環境教育の実践を通して―」です。エネルギーや環境についての学習を通して、エネルギーや環境について身近な生活の中で考え、環境行動を実行していく態度を養うことを目標としています。

19年度、20年度は近隣校の高松小学校と6年生児童同士の学習交流会を行いました。総合的な学習の時間「発信しよう富士見台小エコ活動」の単元で、お互いのエコ活動を広めていくための提案と話し合いを実施。児童同士の環境行動の交流会は取り組みの紹介だけで終わらずに、その後の両校のエコ活動につながりました。

学校でエネルギー環境教育に取り組むことは、次世代を担う子どもたちの環境行動を引き出すだけではなく、現代社会の家庭に対して環境行動を啓発することになります。本校では、夏と冬にエコワットの貸し出しを行っています。エコワットは、コンセントに差し込んで取りつけ、そこに電化製品をつなぐだけで消費電力を表示してくれる器具です。家庭で使用することによって、日常生活と電力消費について見直す機会となりました。実施後のアンケートでは、多くの家庭から、地球温暖化防止に向けた省エネへの意識が向上したとの感想を受けています。

本校は、夏、自然の力を取り入れて室内環境を快適にする「緑のカーテン」づくりに18年度から取り組んでいます。練馬区では19年度から5カ年計画で全小学校に壁面緑化を進めており、そのほとんどが緑のカーテンであるだけに、本校からの発信を広めていく機会として考え、緑のカーテンを通した学習の進め方を発信しています。


掲示板で発信「感じよう 考えよう 行動しよう」
掲示板で発信「感じよう 考えよう 行動しよう」


6年生・近隣校との交流会
6年生・近隣校との交流会


1年生図工・梅雨空に太陽をよぼう!
1年生図工・梅雨空に太陽をよぼう!


4年生理科・緑のカーテンでゴーヤーの観察
4年生理科・緑のカーテンでゴーヤーの観察

このページのトップへ