環境大臣表彰H21

Home地域の動向地域での活動事例環境大臣表彰H21黒谷 静佳 【身近で楽しいエコライフ「智覚動考(ともかくうごこう)!」の推進】

黒谷 静佳 【身近で楽しいエコライフ「智覚動考(ともかくうごこう)!」の推進】

民生部門における地球温暖化防止活動を推進するために、自らの地球温暖化防止の取り組み実践をもとに「身近で楽しく、簡単で、家計・健康にやさしいエコライフ」をテーマとし「智覚動考(ともかくうごこう)」をモットーとした普及啓発活動を行っています。

子どもから大人まで誰もが楽しく地球温暖化について学び、行動するきっかけを提案できるよう、対象者に合わせてプログラムや講座を工夫しています。
特に、地域の婦人会や公民館から人気の高いプログラム「家にある布を利用して、布ぞうりを作ろう」や「草木染でエコロジカルに染まろう!」では、不要になった物も工夫によって毎日の生活に役立つ素敵なものに生まれ変わること、温暖化防止は一人ひとりが参加することで大いに効果があることを、布ぞうり作りや玉ねぎの皮を利用した草木染体験によって参加者が気づき、学ぶ機会を提供します。
また、学校や児童館や親子に人気のある「省エネルギークッキング」のプログラムでは、旬の野菜やホクホク帽子(新聞紙を利用)を使った調理方法などを指導し、クッキングを通して食べ物の大切さ、命と生物・地球とのつながり、環境に優しいエネルギーの使い方を伝えます。
環境問題をある程度知っている参加者には、「エコチェックで地球にやさしい暮らしをはじめよう!」という講座を実施。年代やグループ形態に合わせて、導入・体験・グループワーク・ふりかえりもアレンジします。例えば、エコチェックカレンダー(環境家計簿)を用いた際には、具体的に電気やガスの光熱使用量を減らせばお財布にもやさしいことなどを、家電製品の待機電力の数字を計測し、電気料金・CO2排出量などを計算し、実感してもらいます。また5千円コース・1万円コースなどの金額別の節約メニューを作ってエコライフを提案し、家庭に帰ってライフスタイルに組み込んでもらえるよう、実践に結びつく啓発を心がけています。

このほか、こどもエコクラブのサポーターとして地域の子ども達と一緒に温暖化防止の取り組みを実施、小学校の生ゴミコンポストづくりの指導・アドバイス、市町や公民館主催の高齢者大学等の講師やコーディネーターなども務めるほか、民間の文化センター(神戸新聞文化センター、よみうり[神戸・伊丹]文化センター)行われる有料の布ぞうりづくり講座の講師としても活躍しています。
最近では、サンテレビの神戸市の広報番組「好き!神戸」の8月8日放送「楽しい!エコライフのすすめ」にて活動が紹介されました。

布ぞうり教室の様子
布ぞうり教室の様子

草木染教室の様子草木染教室の様子
草木染教室の様子


さらに詳しく知りたい方は、下記のサイトをご覧ください。
・広報テレビ番組「好き!神戸」 2009年8月放送分:動画配信HP

このページのトップへ