環境大臣表彰H21

Home地域の動向地域での活動事例環境大臣表彰H21翔運輸株式会社 【エコドライブとBDFによるCO2削減活動】

翔運輸株式会社 【エコドライブとBDFによるCO2削減活動】

弊社では設立時より、安全の徹底のため『デジタコタコグラフ』を装着し、法定速度の厳守と定速走行により、車両燃費レベルは業界では高水準であると自負しております。
2004年からの軽油価格の上昇と京都議定書の締結により、物流業界にもCO2削減の要求と排出量管理など、社会的にCO2削減の要求が高まってきました。そこで、業界内でいち早く、全乗務員 135名を対象にした本格的な『エコドライブ活動』を展開させ、『CO2削減活動キックオフ』燃費向上活動を展開させました。

活動当初は乗務員の意識改革に苦慮し、半年ほどは活動の成果が出ませんでしたが、活動目的を、私の子供・孫が生活する「地球環境」に意識転換し、削減金額を表彰制度で還元し、デジタコの機能を効果的に利用してデータで自分の運転を見える化し、実名、実数で継続的に教育を続けました。
すると、年度後半から乗務員の地球環境に対する意識が変化しだし、さらに乗務員だけでなく社内関係者の意識が変わり、エコドライブとさらなるCO2の削減活動として、関係者全員が参加できる『自社で天ぷら油回収』し『自社で精製し』『自社トラックを走らせる』『全員参加による環境循環型社会活動』に展開させました。
この活動により、翔運輸株式会社の委託先までも巻き込んで大きく盛り上がりを見せ、エコドライブ活動前の2004年度実績比:20%減となる、大幅なCO2削減が達成できました。
本年は委託先でも活動が活発となり、成果を上げる委託先が続出、良きライバルとしお互いに切磋琢磨しながらCO2削減活動を活発化させています。

今後も「地球環境」【環境】を意識した活動を推進していくとともに、交通事故の撲滅【安全】、運転マナーの向上、輸送品質の向上【品質】、物流の方法やしくみ改善によるコスト削減【物流手段・コスト】などに真剣に取り組み、社会貢献活動等(磐田市まち美化活動会員)も展開。地球環境の改善に、微力ながらも全力で貢献できるように活動していきます。

トップ自らが教育に参加
トップ自らが教育に参加

燃費向上のための対策を実施
燃費向上のための対策を実施

自社で天ぷら油回収・精製し、自社の車両に使用
自社で天ぷら油回収・精製し、自社の車両に使用

社会奉仕事業にも積極的に参加
社会奉仕事業にも積極的に参加

このページのトップへ