環境大臣表彰H20

Home地域の動向地域での活動事例環境大臣表彰H20特定非営利活動法人紀州えこなびと:エコを視点にまちづくり

特定非営利活動法人紀州えこなびと:エコを視点にまちづくり

「NPO法人 紀州えこなびと」は、『環境は自分たちだけでなく みんなで配慮すべきもの』『我慢ではなく楽しく取り組む』といった考えのもと、『エコを視点にまちづくり』をテーマに、地域に溶け込みながら“学び”と“実践”をセットにした様々な環境保全活動を主体的に展開しています。みんなで楽しく、そして、より実践的な環境活動を、和歌山から行っていくことにより、地球温暖化防止とともに、地域の力や魅力の向上につなげていくことを活動の目的としています。簡単に主な活動を紹介します。

■エコカー事業
「子ども達の未来のために」を合い言葉に、紀州えこなびとが製作したエコカー「太陽の恵みちゃん」や様々な環境学習キットを用いて体感型の環境学習を実施しています。

■自然エネルギー学校事業
地球温暖化や自然エネルギーに関する基礎的・総合的な知識を学ぶ学校を開催しています。会の設立当初から毎年開校してきており、これまでに100名以上の修了生を輩出しています。

■市民共同発電事業
市民の力で地域に自然エネルギー発電施設を設置する事業を実施しています。これまでに、小型の風力・太陽光ハイブリット発電機を和歌山県内に4基設置し、現在5号基として小水力発電機を設置する予定です。

■環境を考える市民のフォーラム
多くの市民の方に活動を知って頂くために、「和歌山の水環境」「NPOと行政の恊働を考える」など、様々なテーマでフォーラムを開催している。

■エコツアー事業
環境先進地や県内の環境学習ポイントを回るツアーを企画・運営しています。これまでに、屋久島やラムサール条約に指定されている串本へのエコツアーを実施してきました。

■水環境事業
和歌山市内を流れる内川でカヌー大会や清掃活動を実施したり、水環境保全についてまとめた「水環境カルタ」を作成しました。また、和歌山県が主催する「わかやま水フォーラム」にも参加しています。







このページのトップへ