環境大臣表彰H20

Home地域の動向地域での活動事例環境大臣表彰H20キリンビール株式会社 福岡工場:温暖化ガスの大幅削減と地域社会との共生を両立したグリーンファクトリーを目指した取り組み

キリンビール株式会社 福岡工場:温暖化ガスの大幅削減と地域社会との共生を両立したグリーンファクトリーを目指した取り組み

キリンビール(株)福岡工場では、温暖化ガス排出量削減と地域社会との共生を両立したグリーンファクトリーを目指した環境保全の取り組みを行い、4年間で53%のCO2排出量削減を達成すると共に、環境保全への積極的姿勢を示す地域社会との共生の取組みとして、水源保全の活動、工場見学ツアーや花園の開放などを実施し、年間合計で約67万人に来場いただきました。
CO2排出量削減では、当社で培われた環境技術を集大成して導入しました。具体的には、(1)燃料を都市ガスに転換、(2)排水処理に電力使用量が少ない大型の嫌気型排水処理設備を設置した上で発生するバイオガス(メタン80%)を大型高効率コージェネレーション設備で回収使用し工場総電力の80%強を発電、(3)麦汁の煮沸釜に蒸気再圧縮設備を導入し煮沸で発生する蒸気を再圧縮して熱源として再利用などです。さらに、ビール工場に必要な冷凍や圧縮空気では、(4)多段カスケード制御による冷凍システムや、(5)高効率なインバータ型の空気圧縮機を導入した他に、(6)工場全員参加の省エネ活動を行いました。
地域社会との共生の取組みとしては、(1)地域の小学生の協力も得た水源保全のための植樹・育林活動、(2)工場の環境負荷低減の取り組み(CO2排出量削減、再資源化など)を紹介する工場見学ツアー、(3)環境に的を絞った環境特別コース(エコブルワリーツアー)で製造工程の環境取り組みや廃棄物の分別・リサイクルなどを紹介しています。また、(4)春はポピー、秋はコスモスがそれぞれ1,000万本あまり花を咲かせるキリン花園の維持・開放、(5)工場内のホタル池でのホタルツアーの開催などで地域の方の憩いの場を設けるなど様々な活動を実施・継続しています。

嫌気処理設備
嫌気処理設備

コージェネレーション設備
コージェネレーション設備

キリン花園(コスモス)
キリン花園(コスモス)

水源の森づくり活動
水源の森づくり活動

このページのトップへ