環境大臣表彰H20

Home地域の動向地域での活動事例環境大臣表彰H20株式会社ひまわり:事業活動から生じる環境への負荷低減活動

株式会社ひまわり:事業活動から生じる環境への負荷低減活動

ひまわりは、『事業活動から生じる環境への負荷低下低減を目指し』をコンセプトとして、日々の業務に取り組んでおります。主な低減活動は、燃料・電気・ガス・水の四項目からの二酸化炭素削減活動です。これらの負荷低減活動は、事業活動を継続するにあたり企業が取り組む最重要課題と認識しております。
 
(1)燃料
軽油からバイオディーゼル燃料への転換事業です。2003年より精製プラントの自社開発に着手し、2004年4月より稼働、2008年11月現在までに、使用量実績で218,000リットル、二酸化炭素削減量474トンの削減実績となりました。
原材料の廃食油は、市内及び近隣市町村の学校給食、又は、市内量販店での一般市民参加による回収方法です。回収された廃食油は精製後、市が委託するごみ回収車2台に供給、更に県の公用車1台、市の公用車1台へも供給しております。
自社車輌については28台の車輌が使用しております。
又、市が推進する『須賀川市菜の花プロジェクト』に参画し、地域遊休農地解消・菜種油搾油後学校給食への利用、使用後の回収精製など当社が行っております。

バイオ燃料精製プラント
バイオ燃料精製プラント

量販店回収ボックス設置
量販店回収ボックス設置


(2)電気
2006年より太陽光発電システム(50kw)を導入しました。2008年11月現在で、発電量153,000kwh、売電量82,580kwhの実績になりました。

社屋に設置れた327枚の発電パネル
社屋に設置れた327枚の発電パネル


(3)ガス
LPガスの削減を目的に、ガスヒートポンプエアコンからペレットストーブへの転換を実施しました。年間LPガス削減率22%を達せしました。

事務所内に設置されたペレットストーブ
事務所内に設置されたペレットストーブ


(4)水
当社の業務の一部に、下水道維持管理部門があります。下水道管内部の状態を調査する際に、前処理として高圧洗浄が必要になります。その洗浄水として雨水を利用しております。雨水利用実績として年間約500トンの利用量となりました。

敷地内に設置された貯水量60トンのタンク
敷地内に設置された貯水量60トンのタンク


さらに詳しく知りたい方は、下記の各ページをご覧ください
株式会社ひまわり

このページのトップへ