環境大臣表彰H20

Home地域の動向地域での活動事例環境大臣表彰H20ソフトバンクIDC株式会社:アジアン・フロンティア設立プロジェクト」

ソフトバンクIDC株式会社:アジアン・フロンティア設立プロジェクト」

画像や音楽をはじめとした情報やWebショッピングやオンライントレードなど、インターネット上で利用されているあらゆる情報はインターネットデータセンター(IDC)に収容されている情報処理機器“サーバー”から配信される。急速なブロードバンド環境の浸透に伴いインターネット上の情報量は加速度的に増加しており、サーバーの情報処理量も増加している。サーバーは家庭のパソコン(PC)と同様、情報処理には電力消費と熱の発生が伴う。IDCで処理される情報量の増加は、大量の電力供給と大量の熱を発生させている。従いIDCでサーバーを安定的に運用するためには、サーバーから発生する熱を排除し冷気を供給する必要がある。つまり、サーバーの能力を最大限に発揮させるために冷気を供給するものの、情報処理を行っているサーバーからは常に熱が発生し、まるでストーブを使いながら冷房を効かせ、十分に室温が下がらないことに頭を悩ませているといった状況であった。
「アジアン・フロンティア設立プロジェクト」は、IDCの常識にとらわれず“あるべき姿”を模索し、GreenMall®の開発に至った。サーバーに供給される冷気とサーバーから排出される暖気の流れのシミュレーションをもとにサーバールームの構造(二重床高、天井高の高さ等)を設計して送風抵抗の極小化を計り、同時に冷気と暖気を分離することで空調効率の最適化を図っている。また、外気が冷房を要しない程度に冷えている場合、外気をサーバールームに取り入れ空調電力を削減する。この結果、従来型IDCと比較して空調電力消費とCO2排出量の大幅な削減が見込まれている。
また、従来のIDCは一度に大規模な投資をする設備産業の典型であったが、「アジアン・フロンティア」は投資および建設の効率面でも最適化を図っている。それがモジュール様式である。モジュール様式を採用することによって段階的な設備投資と常に最新鋭の技術を採用することが可能となっている。


アジアン・フロンティア外観
アジアン・フロンティア外観


第1期建設計画の敷地イメージ  最大12棟建設時の敷地イメージ
第1期建設計画の敷地イメージ              最大12棟建設時の敷地イメージ


さらに詳しく知りたい方は、下記の各ページをご覧ください
ソフトバンクIDCの環境への取組
アジアン・フロンティア設備紹介
アジアン・フロンティア竣工のお知らせ
アジアン・フロンティア建設過程の紹介

このページのトップへ