環境大臣表彰H19

Home地域の動向地域での活動事例環境大臣表彰H19セブン-イレブンみどりの基金:支笏湖周辺台風災害・復興の森づくり

セブン-イレブンみどりの基金:支笏湖周辺台風災害・復興の森づくり

2004年(平成16年)9月8日未明から北海道に接近した台風18号は甚大な森林災害をもたらし、支笏湖周辺では7千haにおよぶ森林が根こそぎ倒されました。
支笏湖周辺の美しい森は、多様な生物の宝庫であると同時に、地域の大切な水源林であり、緑のダムとなって人々を水害などから守っています。
セブン-イレブンみどりの基金は、支笏湖周辺の国有林を再生し豊かな森林を蘇らせることを目的として、北海道森林管理局・石狩森林管理署と2006〜2008年の3年間「国有林における森林整備等の活動に関する協定」を結び、実行委員会を設立し市民団体や学校・企業等と協働し「支笏湖周辺台風災害・復興の森づくり」を始めました。2006年9月と2007年5月の植樹活動には延べ124団体3,895人が参加し100haに10万本を植樹しました。
植樹参加者にはその後も「森の育ての親」として、根踏み・下草刈り等の保育までを継続して行っていただき、大切な森林を次の世代にバトンタッチしていく森づくりに取り組んでいます。
100haの大地に10万本の木が育つことによって、50年後には7,300トンの炭素を貯蔵することが推定されます。これは約88人が日々排出するCO2を吸収してくれる計算になります。さらに森林再生により大切な水資源の涵養や空気の浄化、洪水の防止等にも役立ってくれます。

支笏湖の台風災害現場  植樹参加者(春)
左:支笏湖の台風災害現場
右:植樹参加者(春)

植樹風景  植樹完了
左:植樹風景
右:植樹完了

さらに詳しく知りたい方は、下記の各ページをご覧ください。
「支笏湖周辺台風災害・復興の森づくり」関連サイト

このページのトップへ