環境大臣表彰H19

Home地域の動向地域での活動事例環境大臣表彰H19アース化研(株):建築物等の省エネ効果に役立つシラスバルーン遮熱・断熱塗料の普及

アース化研(株):建築物等の省エネ効果に役立つシラスバルーン遮熱・断熱塗料の普及

アース化研(株)は、地球に人に建物にやさしいピュアな環境を目指し、美しい地球を未来のこども達に残すことが、私達の使命であると考え、地球温暖化の緩和・抑制の対策として研究開発・対策・普及を進めたものが、鹿児島の天然素材「しらす(シラスバルーン)」を活用した「シラスバルーン遮熱・断熱塗料」です。

(1)鹿児島ではやっかいもの扱いの天然資源「しらす」を有効活用
地球の天然資源「しらす(シラスバルーン)」が持つ、熱伝導を抑える断熱性能や光を反射するメカニズムを活用し、地球温暖化の気温上昇の原因のひとつとされる冷暖房などの人工排熱量の削減・緩和・抑制を目指して、地球を守るという画期的なエコ製品。

(2)お手軽な遮熱・断熱工法
遮熱・断熱工事のさまざまな工法の中でも、本製品は、建物(新規・既存)に塗るだけという工事のしやすさや、塗布しても軽量であるため建物への負荷も少なく済み、低コスト等の特徴があるため、地球温暖化の緩和・抑制対策として取り入れやすい。

屋根や壁面に施工することにより、太陽からの日射エネルギーや外の冷たい空気を建物内部へ流入する量を減少させる事で、光熱費を削減する冷暖房効率の向上や、夏涼しく、冬暖かい快適な室内環境を得られるメリットがあります。試算によると、冷暖房に伴うCO2排出量の約36%を削減できます。
さらには、内部の温度上昇を抑える「遮熱ヘルメット」の開発や、塗装の行いにくい場所へ使用可能な「遮熱・断熱シート」等の新製品の開発を行い、さまざまな市場からの要望にこたえながら、地球にも人にも建物にもやさしい「シラスバルーン遮熱・断熱塗料」の普及を目指していきます!


遮熱・断熱塗料のメカニズム(図)
遮熱・断熱塗料のメカニズム(図)

シラスバルーン遮熱・断熱塗装工事を実施した建物の例 
シラスバルーン遮熱・断熱塗装工事を実施した建物の例

このページのトップへ