環境大臣表彰H19

Home地域の動向地域での活動事例環境大臣表彰H19東京電力(株)/日野自動車(株)/(株)デンソー/大崎電気工業(株):外部電源式アイドリングストップ冷暖房システムの開発・実用化

東京電力(株)/日野自動車(株)/(株)デンソー/大崎電気工業(株):外部電源式アイドリングストップ冷暖房システムの開発・実用化

東京電力(株)と日野自動車(株)が共同開発し、(株)デンソー、大崎電気工業(株)が技術協力を行ったトラックの「外部電源式アイドリングストップ冷暖房システム」が、「平成19年度地球温暖化防止活動環境大臣表彰」を受賞しました。
運送事業者の方々は、トラックに外部電源で動く冷暖房装置を搭載することで、本システム(給電スタンド)が設置されたトラックステーション(TS)等の駐車場において、休憩・休息中にエンジンを切ったまま冷暖房を利用することができます。
本システムは、駐車中の長時間のアイドリングを抑制することにより、地球温暖化の防止や騒音発生の防止に貢献するとともに、アイドリングにかかる燃料費の削減によるコストダウンも期待できること、また、ドライバーの休憩時の快適性を確保し、安全運転への貢献にも寄与できる点などについて、高い評価をいただきました。
すでに全国7箇所のトラックステーションに50基の給電スタンドを設置し、2007年10月より、順次運用を開始しています。また、(株)宇佐美鉱油の新設サービスステーション(SS)3箇所に設置される等、今後も基数は増加する予定です。
東京電力(株)では、本システムを利用する運送事業者、給電スタンドを設置する荷主等の事業者と連携し、トップランナーとして環境活動に積極的に取り組む姿勢を共同で社会発信していくことを計画しています。運輸交通分野の新たな環境負荷削減のソリューションに取り組まれる方々からのご連絡を心よりお待ちしております。

給電スタンドを使って休憩中のトラック  宇佐美鉱油ガソリンスタンドにおける給電スタンド設置状況
左:給電スタンドを使って休憩中のトラック
右:宇佐美鉱油ガソリンスタンドにおける給電スタンド設置状況

新しいソリューションで「競争」から「共創」へ - エコプロダクツ2007においてエコプレゼンテーションを実施  賛同事業者の共同による社会発信を実施
左:新しいソリューションで「競争」から「共創」へ - エコプロダクツ2007においてエコプレゼンテーションを実施
右:賛同事業者の共同による社会発信を実施

さらに詳しく知りたい方は、下記の各ページをご覧ください。
東京電力(株)
日野自動車(株)
(株)デンソー

このページのトップへ