環境大臣表彰H18

Home地域の動向地域での活動事例環境大臣表彰H18常総市立絹西小学校: 環境フォーラムを開こう 〜すみよい絹西を目指して〜

常総市立絹西小学校: 環境フォーラムを開こう 〜すみよい絹西を目指して〜

本校では、平成14年度から3年間(財)省エネルギーセンターより助成を受けながら、全校で省エネ活動に取り組みました。平成17、18年度も継続して取り組んでいます。
全校での取り組みでは、環境委員会が省エネナビにより計測された電気使用量や水道使用量を基に昼の放送で毎日節電・節水を呼びかけています。また、図書室前に太陽光発電パネルを設置し、デジタルカメラのバッテリーを充電し、総合的な学習の時間等で活用しています。雨水貯水タンクも設置して花壇の水やりなどに利用しています。このように児童一人一人に電気や水を大切にし、無駄遣いしない態度を育成しています。
6年生「総合的な学習の時間」の単元「環境フォーラムを開こう〜すみよい絹西を目指して〜」においては、環境やエネルギーについて持続可能な社会を実現するために、地域や学校・家庭でできる省エネ活動を扱った環境教育を実践しています。現在の豊かな絹西小学区の自然や安心できる環境を未来に受け継いでいくための方策として、子どもたちが地球規模での温暖化問題や学校周辺に散乱するごみ問題を知り、節電・節水・ごみの減量化等を実践しています。特に地球温暖化への啓発活動として、資料を用いての学習、実験、地域での体験学習、図書やインターネットを使った調べ学習で地球温暖化の仕組みや問題点について理解を深める活動を取り入れています。さらに、6年生全員が省エネチェックシートを使って家庭で実践した省エネ活動の結果や、環境に配慮した発電所の見学から学んだこと、そして班毎に課題を設定して取り組んだ省エネ活動について、保護者や下学年に報告する環境フォーラムを実施して、学習の成果を広く伝える活動にも取り組んでいます。

省エネナビで毎日の使用電力量を調べる
省エネナビで毎日の使用電力量を調べる
  太陽光発電コーナーで発電量を調べる太陽光発電コーナーで発電量を調べる
     
火力発電所で発電のしくみについて学ぶ
火力発電所で発電のしくみについて学ぶ
  環境フォーラムで成果を発表する
環境フォーラムで成果を発表する

このページのトップへ