環境大臣表彰H18

Home地域の動向地域での活動事例環境大臣表彰H18(株)島津製作所: 「え〜こクラブ」の活動

(株)島津製作所: 「え〜こクラブ」の活動

今日の地球環境悪化に対しては特効薬、即効薬はなく、企業、学校、市民、国、自治体等々の主体がそれぞれの役割を認識しそれを遂行する必要があります。
島津製作所は環境活動において、3つの大きな役割を担っていると考えます。第1の役割は、製造業としてCO2排出や廃棄物排出などの環境負荷を低減すること、第2の役割は、技術の会社として技術開発を促進して地球規模で環境改善を図ること、そして第3の役割は外部環境活動の支援であり、その役割を遂行する活動を展開しています。
環境活動は未来永劫継続しなくてはなりません。その中で、女性や若い人のアイデア、感性がどうしても必要となってきたため1999年12月に女性のプロジェクトチーム「え〜こクラブ」を発足させました。
「え〜こ」は京都弁の「良い子」であり、これと環境のエコを絡ませたものです。「え〜こクラブ」は、当初は従業員向けの環境教育資料づくりからスタートしましたが、社内に環境保全のノウハウが蓄積するにしたがい、ノウハウを外部に活用することでより広く地球環境保全に寄与できるとの認識から活動を外部支援に広げてきました。小学校等に出向いての出前講座、インターンシップ受け入れ実習、教員の長期受け入れ実習などこれまでに96回開催し、5,000人以上の参加が得られており、確実に環境保全成果が得られています。たとえば、出前講座では座学や実験だけではなく、子供達に遊び感覚で環境を習得してもらうべく、水問題、地球温暖化問題、廃棄物問題それぞれの双六を作成し、出前講座で活用しています。出前講座を通して子供たちは、日常生活で環境を意識し、省エネルギー、節水、ごみ分別、物を大切にするという、地球温暖化防止や環境に配慮したライフスタイルに向けて生活を変え始めたことが事後の感想文などから見て取れます。
外部支援は、当社の第3の役割として将来に向け大きな意味をもつことになりました。環境大臣表彰を大きな励みとして、将来の主役である子供たちのために今後一層外部支援に拍車をかけていくつもりです。

小学校での出前講座
小学校での出前講座
  従業員家族を迎えての環境教室従業員家族を迎えての環境教室

廃棄物問題の双六を作成中
廃棄物問題の双六を作成中
 
出来上がった双六の試行
出来上がった双六の試行


さらに詳しく知りたい方は、次のページをご覧ください。
島津製作所ウェブサイト/え〜こクラブ

このページのトップへ